おすすめ書籍 『魔法の7つの食習慣 分子整合栄養医学入門書』

おすすめ書籍 『魔法の7つの食習慣 お母さんと子ども編』

まごめじゅん

分子栄養学を学ぶ方、特に子育て世代の女性におすすめ本のご紹介です。

分子栄養学を学び始め、もしくはこれから学びたいという方によくご紹介している一冊。

特に子育て世代、妊活中のプレママにおすすめ。

おすすめのポイントは、

  1. 具体的な症例が多い。
  2. イラスト多めで視認性良し。
  3. 歯・顎・口の発育・健康についての記載が多い。

ヘルシー食品にこだわりすぎて、タンパク質不足で不健康になる人、カフェインドーピングで一見元気だけど、実は危うい状態の人、などなど。我々界隈では「あるよねー」の連発。

イラストが多めで、パラパラ眺めているだけでためになる。活字の大きさと本の厚さが絶妙です。

こういった類の本は、”気軽に眺めてるだけで勉強になる”ぐらいの距離感が重要。活字が小さくて読みにくかったり、本が分厚いと萎えます。

そして、なによりの押しのポイントが、歯や顎、嚙み合わせなど、口腔の健康に関する重要な情報が網羅されていること。それが的確で分かりやすい。

赤ちゃんの頃の食べ方、姿勢が大人になってからの口腔の健康を作る

それもそのはず。著者は安藤先生は歯科の先生、現役の子育て世代。

安藤先生ご自身が、出産後に体調不良に悩まれた経緯があり、栄養療法で立て直ししてきたご経験のあるドクターなので、子育て中のお母さま方が悩まれるポイントが絞られており、無駄なく端的。

  

とはいえ、初心者対象のみならず、中級者向けの内容もきっちり抑えてあります。

コルチゾール過多による中心性肥満

手足は細いのに腹部周りは大きめになりやすい場合。

ストレス過多の方の太り方ですね。(参考記事↓)

分子栄養学を学び始めた初心者から中級者の方へ。

妊活中のプレママや、子育て世代へ向けた栄養セミナーや講義をする機会のある上級者にもGOODです。

    

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー・ワークショップ