【高齢者の栄養療法】母の貧血とサプリメント

高齢者の栄養療法(実母の症例)

まごめじゅん

先日帰省したら、実母(85歳)の貧血がガッツリ改善してて嬉しくなりました。

2018年秋の帰省時、母の貧血が一気に悪化していて、ビビったという話をこちらで書きました。

2018年当時の母の採血データ。鉄欠乏が顕著です。

  

先日、久しぶりに帰省。コロナ後初です。

何気に母の採血データを確認したら、貧血がガッツリ改善してました。(嬉しい!)

  

数年分のデータをまとめて比較してみました。

父の介護中に右肩下がりです。いかにストレスだったかが分かるなぁ。

サプリメントによる介入後、わりとすんなり改善しました。

分かりやすく数値が推移。嬉しくなったもんでHgb値だけ折れ線グラフにしてみましたよ。

母曰く、耳鳴りと眩暈が減ったそうです。

うんうん、鉄欠乏と耳鳴り・眩暈。さも関係ありそうだ。

  

田舎の家で一人暮らしの母。

白内障の手術以降、教えたサプリメントはちょこちょこ飲んでいるようす。

わたしがいろいろと教えたこともあり、慶子(85歳)のサプリメント棚は充実してます。

ビタミンC、ビタミンB(チョコラ、べリックス)、ビタミンE(ユベラックス)、ビトンハイ、プロバイオティクス(ザ・ガード)などなど

  

消化剤、亜鉛(カルノシン亜鉛)、鉄(コハク酸鉄)、オリゴ糖、CoQ10などなど

高齢者は外国産の高性能サプリメントよりも、日本製の親しみやすい商品のほうが心象が良いと思う。

英語だと分かんないし、日本製のほうが優れているという信じ込みも強い。

  

母は食事は丁寧に食べるほうです。

タンパク質はやや少な目ですが、まあ一般的なお年寄りの食卓と言った感じ。

帰省中、2人で近所の居酒屋行きました。牛ステーキ美味しく食べました。

高齢者こそお肉

母はビール、私は運転があるのでノンアルコールカクテル。

高齢者の栄養サポート、サプリメントをどう取り入れるのか、悩む人も多いと思う。

高齢者は間違いなく胃腸機能が落ちてるので、そっちをほっといてサプリを入れるのは順序が違うし、

嚥下が苦手だと、薬よりも大きいサプリメントは精神的ストレスにもなる

常備薬をあれこれ飲んでる高齢者は、高確率で亜鉛不足による味覚障害がある。

そうなると、食事を美味しく食べたいという欲求そのものが貧弱になってくる。

そんな場合は、先に亜鉛をサプリでサポートしてあげるほうが効率いい

栄養の匙加減は個々人の状態に応じて違ってくるので、やり方に正解はない(これはどんなケースでも同じ)

  

幸い、我が母はサプリメントの類に理解があって助かった。

栄養不足の症状を、お薬の追加でしのいで欲しくはない

引き続きビタミンもミネラルも、サプリメントで足し算してもらおうと思ってます。

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【終了】11月23日(火祝)10:00~ 『肌の老化を止める栄養学』~抗酸化の達人になろう~