魂とつながった目的・ゴール設定がありますか?~栄養療法あるある~

必要なことは目的・ゴール設定

まごめじゅん

栄養療法は優れた治療法ですが、結果を出せない人にはある共通点があります。

栄養療法で思うような結果が得られない方にはある一定のパターンがあります。

よくあるパターンの一つが「目的・ゴール設定が無い」人。

「元気になりたいから」「健康になりたいから」というゴール設定はアリっちゃあアリですよ。

だけど、もし、その意識の前提が「病気になりたくないから」「体調不良を治したいから」だと、残念ながら思うように結果が出ません。

ホテルフォーシーズンズ丸の内からの夜景

「○○を避ける」という意識は、健全な状態ではないのです。

ここでいう”健全な状態”とは、”身体が変わる(治る、改善する)エネルギーが十分にある”という状態を言います。

理由は簡単、脳は否定形を理解できないからです

ここで書いた通り「象のことを考えるな」とオーダーをかけると、真っ先に象を連想するのが脳の特徴です。

”目的・ゴール”があると改善が早い

わたくし、このようなゴリゴリのマニアックなブログをやっているもんで、過去数年間けっこうな数の難しい症例、クライアントに対峙してきました。

病気・症状には、心理的要因が絡むことに気付いてはいたものの、どうやっていいのか?分かりませんでした。

さまざまな勉強会へ行き、ようやく感触をつかみ始めたのが、今年2020年の前半でした。

そして、今多くのクライアントの改善報告が、私に確信をもたらしてます。

「ゴール・目的設定」が何よりも大事だということを。

日本橋界隈の歩道

「病気・症状を無くしたい」では改善は難しい

病気を避ける、症状を無くす

この目的・ゴール設定はことごとく失敗します。

これに対する処方箋はただ一つ。

「どうなりたいのか?」という問いを徹底して言語化するということです。

あなたは、体調不良を治して何がしたいのか?病気を治して何がしたいのか?

その”やりたいこと”は、あなたの魂とつながっているのか?本当の自分を生きているか?

ここが最も重要なポイントです。

ホテルフォーシーズンズ丸の内ロビーのクリスマスツリー

実際に、栄養療法で、健康で元気になっていく人は、ここがちゃんと設定出来てる人なのです。

もし、あなたが「自分が何をしたいのか?、どうありたいのか?」という、ゴール・目的がしっかり設定出来てるのに(出来てるつもりなのに)、病気・症状が改善しないという場合は、そのゴール・目的があなたの魂とつながってないことを意味しています。

「本当の自分に早く気付いてくれ~」という身体からのアラートが病気、症状なんです。

自分の魂とつながった”目的・ゴール”かどうかが大事

目的・ゴール設定って、例えば「元気になって旅行に行きたい」とか、そんな陳腐なヤツじゃないっすよ。

(症例によってはそれもアリですが、私のところへ問い合わせに来る方は、それではほぼ100%通用しません)

”目的・ゴール”とは、あなたの魂とつながっていることあなたが心の底から望んでることあなた自身の「在り方」のことです。

それが、いわゆる”この世でのお役目”につながるのです。

帝国ホテルのクリスマスツリー

目的のない作業は拷問である

そもそも、目的の無い作業って人間は耐えられないのです。

昔、ソ連時代の捕虜収容所には、掘った穴を再度埋めてまた掘るという、意味・目的の分からない労働を延々とさせるという「拷問」が存在したそうです。

目的・ゴールのないことをやり続けてたら、身体は悲鳴あげます。

目的のない勉強、目的のない仕事、目的のない栄養療法、etc.

栄養療法で望むような結果が出ない方、病気・症状・疲労感の正体は、95%これです。

うまく結果が出てない方は、ご自身を振り返ってみてくださいね。

  

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 3月16日(火)~なぜ効かないのか?理由が分かる~『サプリメントの選び方』

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 3月17日(水) 『肌の老化を止める栄養学』~抗酸化の達人になろう~

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」