低気圧対策に着圧ソックスが良い理由

着圧ソックスが低気圧対策に良い理由

気圧の変化で顔を出す「ヤル気なし子」とのお付き合い方法のお話。

低気圧、日常生活に支障が出るほどではないが、なんとなくだるい。

これに対する有効な策は五苓散しかないと思っていた。

ある日、低気圧に着圧ソックスが良いという情報を小耳にはさみ、試してみたら思いのほかイイ感じ。

なぜ着圧ソックス?と思う。

低気圧とは、身体に対する外部圧力の急激な低下である。

外側の圧力が減ると、中側の密度が減る。

血圧が下がり、血の気が引いたような感触になる。

だから、だるい。

  

ということは、身体の一部でも良いので、表面に圧力をかけると感覚が整うのだ。

それが着圧ソックスで再現できるというわけ。

身体の表面に圧力をかける方法は他にもある。

例えば、筋トレ。

身体を包む肉襦袢に刺激が入る。

例えば、入浴。

首から下全体に水圧がかかる。

筋トレ、入浴、ともに低気圧のだるさに効果ありなのは経験からも分かるとおり。

   

靴下の会社「砂山靴下」がTwitterでモニターアンケートを実施したらしい。

着圧ソックスを着用することで、低気圧による頭痛が改善したと回答した人、なんと75%!

http://www.sunayama-socks.com/company/media/234.html

  

というわけで、低気圧でなんとなく身体がだるいときは、着圧ソックスを愛用してます。

かなり良いです。

なんか変な靴下履いてるにゃ

  

たかだか低気圧だが、理論立てて、対策を試してみるのは楽しい。

低気圧には、皮膚への圧力を入れる。

①筋トレ、②入浴、③着圧ソックス

お悩みの方、お試しを。

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」