疲労回復・アンチエイジングにおすすめの食材はこれ

疲労回復・アンチエイジングにお勧めのカルノシン

先日、カルノシン亜鉛のすばらしさ
について熱く語ったばっかりですが。

そもそも「カルノシン」とは
なんぞや?
という疑問から
調べた結果が取っ散らかって
いるのでいったんまとめます。

カルノシンとは?

カルノシンとは、
アミノ酸が数個くっついた
小さいタンパク質です。
これを「ペプチド」と言います。

アミノ酸とはそもそも
タンパク質ですから
身体を作る部品になったり、
エネルギー源になったりする
のが本業なのですが、

たまに生理的な作用、
つまり”好ましい効果”
持ったアミノ酸が存在しており、
カルノシンはその代表例です。

   

カルノシンで抗酸化力

  • カルノシンは、銅亜鉛を含むSOD(活性酸素除去する酵素)を糖化のダメージから保護する。
  • カルノシンが、ヒドロキシラジカル(がんなどの原因となる極悪な活性酸素)を消去する。

Effect of carnosine and related compounds on the inactivation of human Cu,Zn-superoxide dismutase by modification of fructose and glycolaldehyde, 2002 Jan;66(1):36-43. doi: 10.1271/bbb.66.36.

  

  • カルノシンは、口腔がん、乳がんの増殖を阻止した。たぶんマンガンSOD(活性酸素を除去する酵素)を活性化したおかげ。

Increased manganese superoxide dismutase and cyclin B1 expression in carnosine-induced inhibition of glioblastoma cell proliferation, Biomed Khim. Jul-Aug 2015;61(4):510-8.

  

カルノシンで糖尿予防

  • カルノシンは、インスリン感受性とインスリン分泌を改善し、耐糖能を改善する。

Effects of carnosine supplementation on glucose metabolism: Pilot clinical trial, Obesity (Silver Spring). 2016 May;24(5):1027-34.

   

  • カルノシンは、糖尿による網膜血管損傷を防止した(体重1㎏あたり1gのカルノシンをマウスに投与)

Oral carnosine supplementation prevents vascular damage in experimental diabetic retinopathy, Cell Physiol Biochem. 2011;28(1):125-36.

  

抗酸化力アップ!
耐糖能アップ!

それに付随して
抗ガン作用も!
糖尿予防効果も!

みたいなノリで
食べない理由が
見つからないです。

カルノシンが豊富な食べ物

カルノシンが豊富な食べ物は、

  1. 鶏むね肉
  2. 豚ロース肉
  3. 牛もも肉

アミノ酸(ペプチド)なんで、
当然お肉にいっぱい含まれてます。

  

抗酸化力と言えば、
野菜や果物のポリフェノール
というイメージが先行しますが、
実は、人間の基本の抗酸化能って
SODという酵素(タンパク質)です。

とくに疲労回復にもよく、
アンチエイジング効果も高い。
カルノシンの多いお肉(鶏むね、
豚ロース、牛もも)
は押しですね。

  

今日のポイント

・カルノシン(タンパク質)は
抗酸化力、耐糖能を改善する。

   

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」