「デトックス」と「キレーション」の違い

「デトックス」と「キレーション」の違い

デトックスとキレーション
似ているようで
ちょっと違います。

  

デトックスは、細胞内や
ミトコンドリア内
の毒物を
除去すること。

キレーションは、
どちらかと言えば細胞外

組織周辺の毒物を
キレート剤でお掃除です
イメージです。

   

デトックスは
Phase1で活性化させて
Phase2で抱合して排泄。
この2段階作業です。

Phase1では寝た子を起こすので
大量の活性酸素が発生します。

  

うまくPhase2で抱合し、
排泄されないと、身体には
逆に悪影響を及ぼします。

デトックスは慎重に行わないと
身体に負担がかかるのです。

Phase2は主に以下3つです。
① グルクロン酸抱合
② グルタチオン抱合
③ 硫酸抱合

   

「キレーション」と言えば、
DMSAなどの薬剤を使って
有害ミネラルなどを排泄する
治療法のことを指すことが多いです。

キレートの意味は「蟹の爪」です。

   

ローフードにはまる女子が、
「グリーンスムージーで
デトックス~♪」
これ、
ファッションとしては
全然オッケーです。

だけど分子栄養学を
お勉強する立場の人は
ちゃんと意識して言葉を
使い分けてくださいね。

  

今日のポイント

デトックスは細胞内、
ミトコンドリア内の
毒物を除去すること。

・キレーションは、
薬剤を用いて組織周辺の
毒物を除去する治療を
指すことが多い。

   

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」