1日に合成されるATPの量

1日にどれくらいのATPが作られているのか?

ATP君
分子栄養学に出会って以来、
君のことを考えない日はない。

  

ATP君の本名は
「アデノシン三リン酸」

「レオナルドディカプリオ」
という名前が
レオナルド・ディ・カプリオ
と分解されるのと同じように
「アデノシン・三・リン酸」
(アデノシン&3つのリン酸)

という意味がある。

ATP君は2つ目のリン酸と
3つ目のリン酸の間に
エネルギーを入れる
ポケットがある。

慢性疲労も、
免疫異常も
低血糖症も
あらゆる病態、症状は
このATP君が不足するから。

なんとかATPを増やそうと
ビタミンBやら鉄やら、
栄養を摂れ摂れかまびすしい。

  

だったら、いっそのこと
「ATPをサプリメントで摂取
したらよいんじゃね?」

と思いたくなる。
(モノを作ることは可能らしい)

だがそれは出来ない。
なぜなら成人男性の身体で
1日に作られるATPの量は
なんと50㎏にもなるから。

  

毎日ATPを
作っちゃ壊し
作っちゃ壊し
(ATP→ADPへ)
50㎏分も産生してるとなると、
サプリメントで摂るのは
土台無理ななはし。

というわけで、
ATPの製造工場
(ミトコンドリア)を
いかにご機嫌にして
毎日稼働してもらか
が重要なわけ。

まごめじゅん

ATPって1日に50㎏も作られてるのかぁ。

実践講座の授業中に聞いて
フツーに驚きました。
私たちの身体ってすごいですねぇ。

    

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」