細胞膜の厚さ、イメージ出来ますか?

細胞膜の厚さはどれくらい?

細胞膜のイメージ図です。

これを見て、
「あ!細胞膜の脂質二層層だ!」
と言うようになったら、
分子栄養学は初心者卒業ですね。

 

この1つのパーツ、丸い頭があって、
二本の脚がついてます。
この二本の脚の部分が、いわゆる
「脂質」、つまりアブラなのです。

 

もう少し詳しく言うと「リン脂質」
という種類のアブラでして、身体の
細胞膜を構成する大事な要素です。

 

まあ、この辺は、
私のセミナー出てる人であれば、
耳タコで「細胞膜は油が大事」
繰り返し言ってますので、
説明はサラッと終了させます。

今日の本題は、この細胞膜の厚みが
どれくらいか?というお話です。

 

ここでクイズです。

細胞1個の大きさ(直径)
10メートルと仮定します。

その場合、細胞膜の厚さは
どれくらいだと思います?

(どの組織の細胞かによって
ばらつきがありますが、
ここでは細かいこと抜きで
平均として考えてください)

 

正解発表!

ズダダダダダダダダダダダ
(ドラムロール音)

 

じゃじゃーん!

正解は!

 

1 センチメートル です!

w(゚o゚)w オオー!

たぶん、多くの人が想像していた
厚みよりも、すごく薄いと思います。

 

自分が直径10メートルの
ボールの中にいると思ってください。

中身は水で満たされています。
自分自身は人魚になったつもりで
その中をふわふわ泳いでいる、

周りを1㎝のうっす~い膜が
囲んでいて、その膜の中身は
油がつまっている、てな感じです。

 

その直径10メートルのボールの中には、
小胞体、ミトコンドリア、ゴルジ体、
核、その他ミネラルやアミノ酸などが
ふわふわ浮いていて、

そこで、さまざまな生命活動が
行われているのを想像すると
ワクワクしません?(*゚▽゚*)

 

だれか、そういうVR
作ってくれないかなあ。

少なくとも、うちの勉強会の
変態連中には間違いなくうける。

絶対キャーキャー言う。

 

こんな感じで
細胞の中に入っていく。

 

「わー見て!ピルビン酸が
ミトコンドリアの中に入っていくぜ!」

「おー!リン酸化が起きた、すげー!」

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

みんなでキャーキャー言いたい。

以上、妄想おわり。

 

今日のまとめ

・細胞膜は「リン脂質」という
脂肪酸あ2つついたものが二重に
向かい合った構造をしている。

・細胞の直径を10メートルと仮定すると
細胞膜の脂質二層層の厚みは約1センチ

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【山梨開催!金丸文化学園主催】 10月17日(土)第7回 カチあるジュギョウ 『疲れない体を作るにはどうすればよい?』

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 10月24日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」