ルー無しカレーのレシピ

広告

牛すじカレー
市販のカレールーは使用していません。試行錯誤して今のレシピに落ち着きました。

私はこのカレーを朝ごはんに食べるのが好きです。(^^)

別にカレールーに恨みは無いのですが・・・。
よく分からない成分表示に、これは本当にカレーなんだろうか・・・?と思ったことがあるのは私だけじゃ無いはず。

1番目がでんぷんで2番目が砂糖ですか。( ̄ー ̄;)ウーン

糖質は言わずもがな。
脂質の方もかなりイケテナイ
カレールーの植物性油脂はほとんどがトランス脂肪酸なのです。
そう、アメリカではすでに規制の対象になった、あのアブラです。

炎症の原因になりやすい油脂なので、アトピーやアレルギー持ちさんは控えましょう。

ルー無しカレーは、スープが命です。
濃厚なスープさえ取れればほとんど成功と言っても過言ではありません。

チキン、牛バラ、色々試した結果、一番気に入ったのが牛すじ
簡単に茹でこぼして、かぶるくらいの水を入れて圧力鍋で10分。
その時の気分で生姜スライスやネギを入れますが、毎回テキトーです。

出来上がったベースとなる牛すじスープ
いつも大量に作って半分は冷凍。
保存性のため薄い塩味を

いわば、牛すじの煮込みのプレリリース、β版
豆腐や白菜、コチジャンと味噌を入れてユッケジャンスープ風にしても美味です。

バターでカレー粉と小麦粉少量を炒め、香りを出したら、炒めタマネギと牛すじの煮込みをスープごと入れてブイヨンキューブで味を足します。
割合はスープ300mlにカレー粉大1と覚えておきます。
トロミ出しに使う小麦粉は量に関わらずいつも大1くらい
トマトを使ってグルタミン酸を補っても美味しいですよ

完全無添加にこだわるなら、ブイヨンキューブ無しでもよいですが、かなり薄味になります。

仕上がりに味をみながらガラムマサラを一振り、二振り。
塩で調味して完成。

愛用のカレー粉
スタンダードな赤缶とギャバンのガラムマサラ
どちらもスパイス会の超定番ですね。

こういったストック系調味料類は、いつもケンコーコムの12%オフの時に買います。
送料も¥1,900以上で送料無料ですから、私は醤油もみりんも全部ケンコーコム

 

 

市販のカレールーに慣れた舌には、自作カレーは物足りなく感じるかもしれません。

しかし、添加物の多いパンチの効いた味に慣れてしまうと、本来の味覚を失う’危うさ’があると思っています。

味蕾細胞をニュートラルに戻してあげて、実は’身体に良いものが、本当に美味しく感じるのだ’という感性を取り戻す。おいしいものを食べるってことの延長に健康があるのだと思います。

 

 

 

 

 

【お知らせ】セミナー・イベント開催情報

おかげさまで大変ご好評いただいております。

リピーター様が多いのも私の料理塾の特徴です。

過去開催の様子はFBページの「写真」から、もしくは、メニューの「セミナー」からご確認ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA