【ストレスは伝播する】健康になりたかったらストレスの多い人から離れましょう

広告

体調不良はストレス起因

「ストレスはすべての病気の根源です」

このセリフ、あんまり言いたくないのですが。

だってあまりに都合が良い言葉だから。

 

例えば、病院に行って数時間待ったあげく大枚はたいて検査して、

「原因はストレスですね。」なんて言われた日にゃあ、

「おめー医者だろー、もちっと専門的な診断しろー、ばかやろー」と叫びたくなりますしね。

でもね、真実だもん。しょうがない。

ストレスはすべての病気の根源」ハイ、これファイナルアンサー。

 

もうちょっと分子栄養学的に理屈で説明するなら、、

ストレスの強い人は、アドレナリンという交感神経を刺激するホルモンが充満しておりまして、胃腸機能が低下します。

人間は、生命体としての自己の存続を他の栄養に頼っている「従属栄養生物」です。

胃腸機能は副交感神経系の支配下にあります。

交感神経が強いと栄養の吸収が低下します

 

ストレスが強い状態でどんだけ食事を改善しようが、サプリメントを盛ろうが、効果は出ません。

頑張れば頑張るほど、未消化物で消化管が慢性炎症を起こしますから、

内臓のあちこちで酸化ストレスが発生します。

まさに負の連鎖。

 

ストレスは空気感染する

ストレス状態は、空気感染します。

他者のストレスが自分に影響するのです。

 

先ごろ「ストレスは感染する」という論文がカルガリー大からでておりました。

Social transmission and buffering of synaptic changes after stress.

マウスの実験ではありますが、ストレスの強い個体のそばに別のマウスをおくと、物理的に接触しなくてもストレスホルモンがはっきり上昇しています。

脳の視床下部レベルで反応してますから、全身に影響でるのは推してしるべし。

 

同じような実験結果は2014年に東京大学の農学部が出しまして、ストレスを伝播させる物質も特定しています。

Identification of a pheromone that increases anxiety in rats

 

というわけで、カルガリー大の発表は、別に斬新な発見でもなんでもないのですが、

農学部が出したのか、医学部が出したのか、その違いはけっこう大きいのかもしれません。

 

分子栄養学の勉強していると、医学部の文献よりも農業とか畜産関係の研究の方が参考になることが多いです。

ドクターの研究対象って「病気」がメインであって、栄養代謝が悪くなった状態(病態)は「病気」とは判断されませんからね。

 

 

「ストレスが空気感染する」ということはですね、自分はストレスなくご機嫌であったとしても、そばにいる人がカリカリ、イライラしてると自分もそうなるってことです。

いつもアドレナリンで「ガオー」となってる上司・同僚の側で仕事してたら、自分のアドレナリンレベルも上昇します。

見栄とプライド、つまり他人軸で生きてるような人のそばにいると、自分のコルチゾールレベルが上昇して交感神経が刺激されます。

 

よく目にする症例としては、母親がプライドの塊で教育熱心なあまり、知らず知らずのうちにストレスレベルが上昇しており、

そのお子さんがなにやら健康状態がよろしくないというケースです。

 

母親にしてみれば「子供には’良い’人生を歩んでほしい」という一心なので、ある意味「愛」なのですが、

母親のアドレナリンが子供に伝播してるだけなので、この場合の治療対象は子供ではなく母親になります。

 

カウンセリングでは必ず家族関係と仕事のストレスを確認します。

家族関係が芳しくなかったり、やりたくない仕事をしているストレスが充満していたら、栄養は補助的な役目でしかできません。

広告

他人からのストレス感染に抵抗するには?

でもねぇ、会社だってすぐに辞めるわけにはいかない、

家族だって離れて暮らすのは無理、

そんな場合の対応方法ですが、ないこともない。

もちろん、転職したり離婚したり、実際に離れてしまうのが一番の解法という点を踏まえたうえで、あえて挙げるなら2つあります。

 

まず、ストレスが伝染しにくい栄養状態の良い丈夫な身体を作っていく

インフルエンザと一緒なんで、自分の健康状態がしっかりしていれば伝染しにくくなります。

または、ストレッサー(ストレスを与える人)よりも、自分がさらに強いアドレナリンをかます!という方法もあります。(あまりおすすめしないけど)

でもたまにいますね、そんなバランスで成り立っている夫婦とか友達関係の方。

 

もう一つの方法は「身の回りを綺麗にする」ということです。

ストレッサーの出す警報フェロモンと呼ばれる物質は、水溶性のフェノール類であることが分かっています。

嫌な感じの人に会ったら、帰宅して速攻シャワーを浴びるとか、着替えるとか。

家族にそういう人がいる場合は、家を掃除するとか、整理整頓とか(相手の発した警報フェロモンの付着する面積が減る)

 

SNSでも時々いらっしゃいます。

アドレナリン振りまいている方。

 

悲惨なニュースや報道に噛みついて「ガオー」な投稿をすることが多い。

たぶん自分の人生を生きてないのかな

なにかアドレナリン発散の対象物が欲しいのでしょうね。

自分のやりたいことをやって自分が充実している方は他者のニュースなんてどうでもよいですから。

 

そういう投稿は見ないに限ります。

アドレナリン系の投稿は見るだけでも影響を受けます。

 

例えば「おまえを殺す」といういたずらメールが来たら、見た瞬間アドレナリンが出ます。

実際には全くそういうことが起こらないとしても、心拍数が上がる、

人間の脳ってそういうシステムになっているのです。

 

自分のアドレナリンは無駄使いしてはいけません。

SNS上のアドレナリンを振りまく方は、シレっとミュートするのがお勧め。

 

なんだか脱線してしまいましたが、

カウンセリングをやっていると、この部分でこけてる人が多くて影響が大きいなあと感じる毎日です。

ストレスの空気感染にはどうぞご注意くださいませ。

 

現在募集中のセミナー情報


初心者の方にぜひ最初に受けてほしいのは「はじめての分子栄養学」です。参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
5月16日(水) 東京開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA