【アルブミンとグロブリン】タンパク質の状態が悪いってどういうこと?

広告

タンパク質の分画について

血液検査で調べることのできるタンパク質についてです。

 

血液中を流れるタンパク質には種類があって、主に「アルブミン」と「グロブリン」の2種類があります。

アルブミンは、当サイトでも何度も出てきている「輸送タンパク」で、水分や栄養、お薬の成分を運ぶトラックの役目をします。

 

グロブリンは分子量によって「αグロブリン、βグロブリン、γグロブリン」に分かれます。

ちなみに銅の運搬をするセルロプラスミンαグロブリン

鉄の運搬をするトランスフェリンβグロブリンに分類されます。

 

γグロブリンは、抗体を作るタンパク質で免疫グロブリンはこの γグロブリンに分類されます。

免疫グロブリンには、IgG、IgA、IgEなどの種類があります。

 

アルブミンとグロブリンの比率が重要

タンパク質のしっかりした身体は健康なんですが、量があっても内容(質)が悪ければお話になりません。

タンパク質の内容とは「アルブミン」と「グロブリン」の比率で診ます。

アルブミン/グロブリン = 1.8 ~ 2.0 が健康値。

アルブミンの量がグロブリンのおよそ2倍くらい、これが良いタンパク質の比率ってことです。

 

調子の悪い人、特に低血糖・副腎疲労持ちは、この比率が低いことが多いです。

比率が低いということは、アルブミンが少なくてグロブリンが多いということ。

 

アルブミンはほとんどが肝臓で作られるタンパク質なので、アルブミンが低い人は肝機能が弱いことが多い、

肝機能が弱いってことは、イコール糖新生も難ありと推測されるから、低血糖がありそう、

じゃあ副腎疲労もあるよねと芋づる式に推測されるわけです。

 

炎症があるとグロブリンが上昇します

炎症といってもCRPがスパーンと跳ね上がるような分かりやすい炎症じゃなくて、

ジワジワと身体を蝕む慢性炎症です。

 

代表的なところがリーキーガットがあって腸に慢性炎症がある場合。

ひところブームになりました「低アレルギー検査」ですが、あれはIgG抗体の反応を診る検査です。

リーキーガットがあってIgG抗体がたくさん出てれば、γグロブリンの値も上がるので、A/G比率は少なくなります。

低アレルギー検査って結構お高いです。

あれやるくらいだったらタンパク分画調べたほうがよくね?と私は思ったりしますが。

 

広告

 

A/Gが低い場合

普通の健康診断だと、タンパクの分画までデータとして出ることは少ないです。

栄養療法の検査だと必ず調べます。

やっぱりあったほうがかなり参考になります。

 

症例その1

食後の眠気が強く、疲労感にお悩みの方。

A/G 1.53 とかなり低め、しかも γグロブリン 20.7 と高い。

リーキーガットがあって、炎症ありそう。

この方の場合、アルブミン値は 4.7 でした。

他の数値も、めちゃくちゃ低たんぱくのデータというわけではなかったので、

もしたんぱく分画のデータがなければ、見抜くことは難しかったかもしれません。

 

お話を伺うとお母さまがリウマチとのこと。

自己免疫疾患予防もかねて、なにはなくとも消化管ケアです。

 

症例その2

アトピー、副腎疲労、低血糖症、甲状腺機能低下の方

・A/G 1.3

・γグロブリン 19.6

低アレルギー(IgG抗体)検査は見事にすべての食品に反応。

ガスが多く、腸カンジダと思われる消化管のディスバイオシスがひどい方。

A/G比が 1.3 とかなり低下しています。

実はこれ、私の5年前のデータです(笑

 

その後、消化管ケアに専念した結果がこちら。

γグロブリンが低下(19.6 → 17.5)、

アトピーも甲状腺機能低下も改善、食後に眠いという低血糖症の症状も改善。

ここまで来るのに5年くらいかかってます。

(栄養で改善するって長期戦です、最低でも1,2年はみてください)

 

症例その3

じゃあ健康体ってどういう状態かというと、

高脂血症気味でやや太めですが、カンジダもなく腸に問題のない我が夫のデータがこれです。

・A/G比 1.9

・γグロブリン 13.3

γグロブリン、 A/G比、ともに理想的な数値です。

低アレルギー検査でも卵にレベルⅣくらいで他はすべてまっ平。う、うらやましい。

 

A/G比率、γグロブリンの注意点

γグロブリンですが、腸が荒れてて、副腎疲労やアトピーがあっても、必ずしも上昇するとは限らない、

もしくは、異様にA/G比率が高い(2.0以上)場合もあります(これはまた別途まとめます)

ただ、体調の悪い方は A/G比率は低い人がほとんどです。

運搬役の良い子「アルブミン君」が少ないってことなのでしょうね、

タンパク質の分画、気になる方は測ってみてはいかがでしょう。

 

現在募集中のセミナー情報


大好評の分子栄養学入門セミナー、次の東京開催は12月18日(木)です。

1月6日は仙台に行きます。過去の開催の様子、参加者の声はこちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
12月18日(月) 東京開催!【募集中!】 今年最後!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

1月6日(土) 仙台開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA