冷え性対策に超おすすめ『あずきのチカラ』

広告

冷え対策の超おすすめ品

寒い、暑い、そして梅雨、さらに台風、細かく変わる気圧の変化、

日本って本当に副腎に良くない国だと思いますねぇ。

寒い時期のお助けグッズっていろいろあると思うのですが、

私がここ数年、買い替えながらヘビーユースしているのが『あずきのチカラ』です。

夫用と私用、2個を必ず常備、もう何代目かわかりません。

使い方は簡単、

電子レンジで2分チン、肩に乗せておくだけ。程よい温かさが小一時間続きます。

(新しいうちは温度が高いのでタオルを下に敷いてください)

 

私の使い方は主に3パターン

① パソコン作業中に肩に乗せる

② 太ももの上に置く

③ 寝る前にお腹に置いて腹部を温める

 

夫は、お腹に置いて寝ると、胃腸が調子よくなるそうです。

交感神経優位で硬くなったお腹が緩むんでしょうか?

 

原理としては、箱灸(はこきゅう)と同じかなと思ってます。

お腹の上にお灸の箱を置いて、広い範囲を温めるのが「箱灸」、こんなやつです↓

 

お腹(おへそ・丹田)を温めることで血流が良くなり自己免疫力や自然治癒力が向上するらしい。

 

とにかく気に入っていて、さしたるデメリットは感じていませんが、しいて言えば新しいうちは、あずき臭いです。

こし餡の匂いがします。

和菓子好きにはたまらないかもしれません。笑

使っているうちに消えますけど。

 

こうやってブログ書いてる間も肩に乗せてます。ホカホカ気持ちいい〜。

ここ★で書いたとおり、交感神経優位で過緊張がある人は首回り、特に胸鎖乳突筋が張っています。

温める事で過緊張が緩み、肩こりにも効果的。

 

コスパ最高、とにかくオススメです。

一度お試しを。

 

現在募集中のセミナー情報


大好評の分子栄養学入門セミナー、次の東京開催は12月18日(木)です。

1月6日は仙台に行きます。過去の開催の様子、参加者の声はこちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
12月18日(月) 東京開催!【募集中!】 今年最後!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

1月6日(土) 仙台開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA