『口テープ睡眠』推奨!口呼吸はアトピー・アレルギーなど免疫疾患の原因

広告

上咽頭の炎症を引き起こす「口呼吸」

鼻うがいよりも、もっと簡単に、手軽に上咽頭の抗炎症に効果的なものがあります。

それが口テープ睡眠

ペタッと貼って、睡眠中にお口がパッカーンとなるのを予防する。たったそれだけです。

専用のテープも売ってます。

取れにくく、かぶれません。

一枚使うごとに粘着部から剥がすのでゴミが出る。これが難点ですが。

 

実は、そんなもの使わないくても、普通のテープで十分です。

 

コスパ最高。ベッドサイドに常備してます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スキナゲート[プラスティックテープ]
価格:257円(税込、送料別) (2017/1/21時点)

 

体調の不具合を訴える人の多くは口呼吸です。

口呼吸により、上咽頭に慢性炎症をかかえやすくなります。

 

免疫ホーミングにより、胃腸粘膜も慢性炎症になります。

結果、栄養の吸収障害にもなります。

自律神経も免疫も影響受けますので、アトピー、アレルギーなど免疫疾患の遠因にもなります。

 

非常に基本的なことですが、口呼吸の問題は全身に及びます。

日中は意識して鍛えるとして、睡眠中は無意識ですからね。

テープ一枚貼って寝れば、自然と鼻呼吸の習慣付けにもなります。

いたって簡単なので超オススメです

口呼吸の特徴「アデノイド顔貌」は不幸顔?

口呼吸の人の口元には、ある特徴的な共通点があります。

独特の口元の筋肉(口輪筋)の脆弱さというか、締まりのなさというか。

顎梅干し、ほうれい線、異様に薄い唇、筋肉のなさ、いわゆる「アデノイド顔」です。

 

有名人で言うと、アンガの山根さん

いかにも筋肉なさそうですよね。(この方の場合それがキャラだけど)

炎症でコルチゾール大量消費してそう。

たぶん食べても太れない、筋肉つかない。口呼吸だとそりゃそうですよ。

 

フィギュアの村主章枝さん

典型的なアデノイド顔

演技中もついつい口元が気になる・・

 

坂口良子さんの娘さん、坂口杏里さん

今はセクシー女優の「ANRI」さんと言うべき?

この方も典型的な口呼吸顔

 

AKBの峯岸みなみさん

もっと可愛い写真はもちろんあるけど、この坊主会見があまりに印象的だったので。

口元に独特の脆弱さ、アンバランスさを感じます。

 

お笑いタレントの山根さんは、筋肉の無いアデノイド顔がキャラですからまあ良いとして・・

 

女性3人の共通点ですが、

いきなりグラビアデビューしたり、

AV女優になったり、

男性問題で坊主になったり、

 

もしお友達にいたら

お、おう、頑張れよ・・(・ω・;)

と言うしかないような、

ちょっと危うい生き方を選ぶ傾向があります。

 

上咽頭の慢性炎症が、生命体としての脆弱さを露呈するのか、

男性の征服感をくすぐる、M系のAV女優もだいたい似た口元ですね。

 

お口が半開きというのは

「生命体として脆弱です」というアピールなんです。

 

逆に、’口呼吸を演じる’と愛人顔は簡単に出来上がります。

たぶん世界一有名な、お口ぱっかんの愛人キャラ女優

口元の筋肉はしっかり発達しているので、これは完全に演技ですね。

 

閑話休題

結論、

口呼吸は風邪も引きます

上咽頭炎を誘発し、免疫疾患にもなります。

胃腸粘膜の炎症にもつながり、栄養の吸収障害、虚弱体質、そしてダメ男つかまえる不幸癖の女になります。

口呼吸の習慣は絶対治してくださいね。

 

現在募集中のセミナー情報


現在確定している講演予定は以下となっております。

セミナー、講師依頼は「お問い合わせ」よりお願いいたします。

6月2日 ~ 6月25日 東京開催【KRD日本橋提供】 【初級5回コース】健康なカラダになる基礎知識:栄養学×体メカニズム

7月9日 ~ 7月26日 東京開催【KRD日本橋提供】 【初級5回コース】健康なカラダになる基礎知識:栄養学×体メカニズム

6月24日(月) 東京開催【募集中!】 「実践版!腸内環境ケアのテクニックセミナー(腸セミナーアドバンス版)」

6月29日(土) 東京開催【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!あなたに不足している栄養素~

7月7日(日) 東京開催【募集中!】 腸管と亜鉛を考える◎まごめじゅん先生&奥平智之先生

7月8日(月) 東京開催【募集中!】 「脱・慢性疲労!セミナー~そのメカニズムと解消法~」

7月15日(月) 群馬開催【募集中!】 夏本番!まだ間に合う!メリハリボディのつくりかた

(株)BeOrganic主催のセミナー情報は、こちらのウェブでも確認可能です →まごめじゅんの分子栄養学入門講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA