逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍の炎症を鎮めるDGL(リコリス)甘草サプリメント

広告

逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍のためのハーブ薬「DGL」

欧米では割と有名な、潰瘍、胃炎などの治療に使われるDGLというサプリメントがあります。

リコリス甘草)の粘膜に対する抗炎症作用を利用したもの。

ただし、リコリスに含まれる「グリチルリチン酸」には偽ステロイド様物質で、血圧を上げたり浮腫んだり、という副作用があります。

よって、リコリスからグリチルリチン酸を取り除いた脱グリチルリチン・リコリスが「Deglycyrrhizinated Licorice」、略して「DGL」です。

これだとリコリスの抗炎症作用のみを生かせます。

DGLは、日本では聞き慣れないのですが、欧米では割と一般的なハーブ系サプリメントです。

DGLが、二重盲目テストにて、消化管の潰瘍、口内炎、炎症性腸疾患に効果が認められたという調査結果。

An Extract of Glycyrrhiza glabra (GutGard) Alleviates Symptoms of Functional Dyspepsia: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study

私は胃腸の抗炎症のため、オーソ・モレキュラー・プロダクツ社のDGLを使っていました。

口の中で溶かすチュアブルタイプで、味はやや薬くさい苦甘チョコレートです。

slooProImg_20160909211435.jpg

成分は脱グリチルリチンリコリスエキス、スリッパリーエルムバーグ、マシュマロウの根のエキス、アロエベラエキス
フルクトース(果糖)、キビ糖、キシリトールの混合で甘みを足してあります。

slooProImg_20160909211434.jpg

スリッパリーエルムバーグ(Slippery Elm Bark)とは、アカニレの樹皮、日本では「ニレ茶」というそうで、アメリカンインディアンがよく使うハーブの一種。

毒素を分解し、潤滑作用によって、細胞膜の炎症を取り、保護する作用があります。

マシュマロウ(Marsh Mallow)とは、欧州で古くから利用された薬草で、口内炎、消化管や泌尿器の炎症を鎮める作用あり。和名は「ウスベニタチアオイ」、アオイ科のハーブ。

アロエベラは日本でもお馴染み、潰瘍に効果のある植物。

リコリスを中心に、胃腸粘膜に効果のあるハーブをミックスしたという感じ。
化学的なお薬というよりは完全に「薬草系」、西洋漢方ですね。

私は冷蔵庫に保管して、空腹時に舐めてました。

残念ながら、オーソ・モレキュラー・プロダクツ社の商品は、現在はiHerbでは取り扱いがなくなってしまいましたが、DGLは非常に一般的なサプリメントなので、たくさん商品化されています。

 

ソーン・リサーチ社のものは、リコリス、スリッパリーエルムバーグ、マシュマロウ、アロエエキスの混合
オーソ・モレキュラー・プロダクツ社と全く成分が同じです。同じOEM?
こちらはカプセルタイプなので、甘味料なしなので、オーソ社より優秀。

slooProImg_20160909211430.jpg
Thorne Research, GI-Encap, ベジタリアンカプセル60粒

 

最大手ナウ社は、チュアブルタイプ。
リコリスにグリシン(消化器官を補助するアミノ酸)入り。ステビアやキシリトール、ソルビトールで甘みを足してあります。
slooProImg_20160909211432.jpg
Now Foods, DGL, (De-Glycyrrhizinated Licorice Extract〈甘草エキス〉), 100トローチ

 

リコリスの和名は甘草(カンゾウ)です。
風邪をひいたときに飲む葛根湯のあの甘い成分です。
ハーブティーの原料としても売ってます。
量に気をつけないと、びっくりするくらい甘いです。

胃薬・胃酸抑制剤の代わりにDGL

まだ日本では馴染みが薄いDGL

DGLは漢方薬と同じなので効き目が穏やかですが、潰瘍に対する治療実績は臨床で一定の評価を得ています。

胃酸の重要性が正しく理解されていない日本では、胃炎や逆流性食道炎に、やみくもにPPI(プロトンポンプ阻害薬)が処方されたり、ガスター10のようなH2ブロッカー系胃薬が安易に利用されたり。

しかし、胃酸を抑えることは対処療法であり、根本解決にならず、むしろ胃酸が出ないことによって噴門(胃と食道の間)の筋力が衰え、よけいに閉まらなくなってしまいます。(噴門が閉じることは、胃酸が出るということの反射作用です)

胃酸の弱さ、不十分さが原因となり、全般的な栄養不足やリーキーガットなどの胃腸障害が起こりやすくなることは言わずもがな。

胃酸を抑制することだけを解決法とせず、DGLのような漢方・ハーブ系もうまく取り入れるほうが賢明です。

胃がムカつきやすい、胃炎、胃痛などがあり、毎回胃薬にお世話になるくらいなら、DGLの代替使用をおすすめします。

 

現在募集中のセミナー情報

いよいよ初の地方セミナーやります!
場所は金沢です

知ればしるほど興味深い分子栄養学の世界を北陸のみなさまにお届けできたらと思います。

ぜひお気軽にご参加ください。
 
10月27日(金)金沢セミナー!【募集中】その疲労感は原因は何?~血液データから読み取る「あなたに不足している栄養素」~
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA