テルムマラン勝浦で本格タラソテラピーを楽しむ!海水からマグネシウムを経皮吸収!

広告

マグネシウム経皮吸収に最適「タラソテラピー」

千葉の勝浦にとても気に入っているタラソテラピー施設があります。
なぞの体調不良で苦しんだ今年前半、マグネシウムの供給にと、2回リピートしました。

タラソテラピーリゾートテルムマランパシフィーク

※ここは水着エリアですので撮影禁止。写真は公式よりお借りしました。

タラソテラピーとは、タラソ(海水)によるセラピー(治療)。

海水をそのまま汲み上げ、濾過しただけのプールの中でウォーキングしたり、浮いた状態でそのまま眠ってしまったり。
もちろん泳ぐこともできます。

海水プールの温度は、人間が一番リラックスできる38度程度に保たれているので、冬でも寒くなく通年利用可能。

耳まで浸かってプカプカ浮いていると、水の音が心地よく、羊水の中に浮いている赤ちゃんのような気持ちになります。

本場フランスでは、海水療法を応用した病院があって、リュウマチや感染症などの治療が行われているそうです。

上総興津駅から無料シャトルバスが出ています。
slooProImg_20160601104730.jpg

外観
slooProImg_20160601104746.jpg

受付
slooProImg_20160601104732.jpg

本社はフランスだけあって、館内はヨーロッパの保養所みたいな雰囲気
slooProImg_20160601104740.jpg

水着に着替えてゆっくり海水プールを歩いたり泳いだり、ただプカプカ浮いているだけで癒されます。

外のジャグジー。これが最高なのです。(※画像はお借りしました。)
slooProImg_20160601103854.jpg

食事(ランチ)はお魚のグリルかローストビーフかの2択です。
ローストビーフ
slooProImg_20160601104727.jpg

キンメダイのグリル。
slooProImg_20160601104743.jpg
ローストビーフのソースが甘すぎて、私はお魚のほうが美味しかったです。

館内には、いつでも温かいハーブティーが飲めるようになっています。
slooProImg_20160601104729.jpg

アロママッサージの後は、休憩スペースでのんびり。
slooProImg_20160601104734.jpg

タオル類は入館料に含まれていますが、水着とビーチサンダル必携です。
slooProImg_20160601104738.jpg

 

 

タラソテラピーで蕁麻疹が軽減

海水の効果でミネラルをたっぷり経皮吸収するせいか、心地よいリラックス感で全身弛緩。
アーシングの効果も大きいのかもしれませんね。
夜は深い眠りにぐっすり。

初回は私が誘って行きましたが、2回目は旦那さんから「行こう!」と段取りしてくれました。
男性もハマります。

旦那さんは蕁麻疹体質なのですが、ここでリラックスした後は蕁麻疹がひいてました。

いついっても混んでないのも良いです。
大人のリラクゼーションスペースとしておすすめです。

 

関東ITソフトウェア健保組合の組合員はお得な割引あり

加入者が若いため、やたら豪華な自社ビルとサービスで有名な関東ITソフトウェア健保組合。
こちらは補助金対象の保養施設です。

事前にFAXして申し込み。郵送で書類が送られてきますので、手続きはお早目に。

↓ ↓ ↓

関東ITソフトウェア健保組合、タラソテラピーご利用お申し込み方法

 

現在募集中のセミナー情報


大好評の分子栄養学入門セミナー、次の東京開催は12月18日(木)です。

1月6日は仙台に行きます。過去の開催の様子、参加者の声はこちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
12月18日(月) 東京開催!【募集中!】 今年最後!分子栄養学入門講座 「糖質とたんぱく質 総集編!」

1月6日(土) 仙台開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA