フェルラ酸「フェルガード」~認知症・脳機能改善サプリメント~

日本認知症予防学会認定サプリメント「フェルガード」

まごめじゅん

愛用のサプリメント「フェルガード」、文献読みまくってスライド資料作るときの秘密兵器のご紹介。

「フェルガード」、分子栄養学をお勉強している方には割と有名なサプリメントです。

脳機能を底上げします。

ゼン吉の検閲もパス

本来は認知症改善のためのサプリメントです。

高城剛さんの最新の著書「高城式健康術55」の中にも紹介されています。

高城さんのお母様が認知症と診断された際、栄養療法とフェルガードで、認知症と診断される前よりも元気になったというエピソードが紹介されています。

白髪だったのに黒髪まで生えてきたとか。

まず、母親に数種類のサプリメントと点滴、”良い食事”を徹底した。するとどうだろう。わずか1か月で、ボケがはじまる以前よりも劇的に元気になったのだ。(中略)このときの処方は、玄米から抽出したフェルラ酸「フェルガード」1日2包、活性型ビタミンBを1日4錠、EPA1日1錠、ビタミンD3を1日2錠、グルタチオンタブレット1日2錠、そして、高濃度ビタミンC点滴25gを2週に1回(計2回)、グルタチオン点滴10アンプルを2週に1回(計2回)である。

高城式健康術55~医師が教えてくれない家庭の医学~P5

脳機能を底上げするということは、例えば、子供さんの受験時にも使えるわけです。

私は仕事でガッツリ脳を使うときに、使っております。もうかれこれ2年くらいユーザーです。

アイハーブにも「トランスフェルラ酸」は売ってます。こちらは加工方法が簡素なので、効果の持続性は期待できませんが。(フェルガードは徐放性、効果が持続する加工が特徴)

一時期、フェルラ酸について調べまくってました。

フェルラ酸は米ぬか抽出のポリフェノール。

脳機能改善ということで、認知症以外にも多動や、うつ病、パーキンソン、パニック、神経過敏などなど、もろもろ症例が多い。それについてはまた別途まとめます。

入手方法ですが、私は京都のうさぎ堂薬局さんで購入しています。栄養療法クリニックだと取り扱いがあるかもしれませんので、かかりつけドクターに確認を。アマゾンなどでは売られていないため、ご希望の方は問い合わせしてみてください。

  

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 2月20日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」

アルバイト・バートスタッフ募集中です