尿酸値を下げるには玄米食がよい理由

尿酸値を下げるには玄米食がよい理由

玄米に含まれるフィチン酸
いわゆる「抗栄養成分」の一種
なので、嫌われがちですが、
良い(好ましい)作用をする
場合もあります。

フィチン酸は尿酸値を下げます。

フィチン酸が尿酸を合成する酵素
「キサンチンオキシダーゼ」の活性を
阻害するからです。

参考文献
Effect of phytic acid on postprandial serum uric acid level in healthy volunteers: a randomized, double-blind, crossover study

Inhibition of xanthine oxidase by phytic acid and its antioxidative action
 

消化にも重いし、
胃弱や、ミネラル代謝の悪い
虚弱体質、副腎疲労持ちには
玄米はおススメできませんが
筋肉のある方で炎症体質の方には
メリットが多いです

万人の良い食べ物、健康法はありません
今のあなたの状態に合った食べ物、
健康法を見つけて下さいね

 

今日のポイント

  • 玄米に含まれるフィチン酸は
    尿酸を合成する酵素「キサンチンオキダーゼ」の活性を低下させる

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」