「生姜」の効果(エビデンス)まとめ

「生姜」の効果

今年初めに出てた生姜の効果を
まとめたシステマティックレビューです。

109のRCT(ランダム化比較実験)を
まとめたもの。

生姜という野菜1つにこれだけの
エビデンスがそろっているのですね。

こちらからPDFがダウンロード可能。
全文読めます。

Ginger on Human Health: A Comprehensive Systematic Review of 109 Randomized Controlled Trials

 

100を超えるエビデンスからまとめられた
生姜の効果、以下の6つ

 

① 吐き気

  • 悪心、嘔吐
  • 悪阻(つわり)

 

② 胃腸機能

  • 結腸がん、直腸がんのリスクを低減
  • 消化促進
  • 頻尿

 

③ 鎮痛

  • 月経困難症
  • 片頭痛
  • 胸痛

 

③ 抗炎症

  • 関節リウマチ
  • 炎症性サイトカイン(TNF-α)の減少
  • フェリチンの減少

 

⑤ 代謝の改善

  • Ⅱ型糖尿病(HbA1cの低下)
  • インスリン感受性の改善
  • 脂質代謝(CRP、中性脂肪、LDL値の改善)
  • 体脂肪量の減少

 

⑥ その他

  • 乳がん
  • 呼吸不全(急性呼吸窮迫症候群)
  • ぜんそく
  • 母乳量の増加

 

特に胃腸機能の改善と痛み止めに
素晴らしい効果ですね。

私は「糖」のセミナーでは
生姜を紹介することが多いです。
抗糖化作用にすぐれ、
AGEを作りにくくする効果が高い。

インド国立栄養研究所の研究では、
生姜の糖化阻止率は93%
比較として使った17種類の食品のうち
ダントツトップでした。

参考文献
Prevention of non-enzymic glycation of proteins by dietary agents: prospects for alleviating diabetic complications

 

何処でも手に入る生姜ですが、
いざ料理に使おうとすると
「あ、ない!」というときは
乾燥パウダー使ってます。

紅茶にこの生姜パウダー入れて、
はちみつ入れてお茶するのがマイ定番。

生姜の薬理効果は素晴らしいです。

下手なサプリに手を出すよりも
「生姜」を常食しましょう。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【ZOOMオンラインセミナー!募集中】 9月22日(祝・火)初心者におすすめ!身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」