腸の栄養は食物繊維とグルタミン、短鎖脂肪酸

広告

「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」藤田紘一郎著

自身の腸で回虫を飼って名前までつけてる、藤田教授の本。
腸がなぜ大切なの??ってレベルの人でも気楽に読める簡単でわかりやすい本です。

一般向けに書かれた本なので、もっと掘り下げたい部分が、サラッと書かれてあるので、私にとってはちょい消化不良。
各種栄養(ビタミン、葉酸、ナイアシンなど)を腸内細菌が合成することとか、セロトニンと腸の関係とか。

藤田博士の講演を聞きたくて、依頼メールを出してみたことがあります。

そしたら返事が来て、法人の申し込み以外は受け付けてくれないそうです。(そりゃそーだよな。)

1時間半の講演で30万円とのこと。
藤田先生のネームバリューなら集客も問題ないでしょう、どこかの会社か誰か企画してくれないかなあ。
とにかく講演が面白いんですよ、この先生。

腸内細菌の栄養は食物繊維、腸の栄養はグルタミンと短鎖脂肪酸

実家に帰ると実感します
日本食がいかに腸に良いかということを。

母のお手製の朝食
白和えにおからコロッケ、自家製のお漬物、具沢山の味噌汁、胚芽米。

発酵食品と豊富な食物繊維
いかにも腸内細菌の好物ばかり
実家に帰ると。母親のお手製お漬物のおかげで、おならが爽やかな発酵臭になります。
いつにもまして毎朝立派な作品とご対面。

朝ごはん一食分でこの繊維質の多さ、昔の日本人にはほとんど大腸がんがいなかったというのも納得です。

お味噌汁+漬物+納豆の朝ごはんと、コーヒー+パン+ジャムの朝ごはん
腸が喜ぶのは圧倒的に前者ですが、残念ながら今の日本では後者タイプが優勢でしょう。

腸内細菌の栄養が食物繊維、では腸という臓器の栄養はというと、
小腸のエネルギー源がグルタミンというアミノ酸(たんぱく質)
大腸のエネルギー源が腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸
つまり腸は炭水化物(糖質)をエネルギー源としていません。

ですので、糖質(炭水化物)ばかり食べると、腸は自分の栄養源は全く入ってこないのに、糖質の消化吸収のために働かなければならず、タダ働き。

パンケーキ+コーヒーなんて洒落てて素敵なんですが、腸にとってはブラック企業ということです。

藤田教授曰く、
腸内細菌を弱める食事がレトルト、スナック菓子、ファーストフード
腸を弱める食事が糖質
とのこと。

大腸の栄養源である「短鎖脂肪酸」ですが、
短鎖脂肪酸の中でもっとも重要になるのが、大腸上皮細胞のエネルギー源となる酪酸、その酪酸を出すのが宮入菌(酪酸菌)のミヤリサンです。

これ効くの?とたまに聞かれますが、単なる腸の栄養ですからサプリメントという意識はないです。
ごはんとお味噌汁に薬効求めないと同様、腸に栄養あげてるだけ。

糖質制限で有名な江部先生も宮入菌は飲んでるそう。
私も毎日欠かせません。

腸内細菌が定着するのは幼少期まで。
残念ながら、大人になってからは腸内細菌は定住しません。
およそ4日で死滅します。
ですので継続することが必要。

幼少期に泥んこになって遊んでいればよかったんですが、残念ながら「清潔が大事」「抗生物質は万能薬」の昭和40年代生まれ、サプリは辞めてもプロバイオティクスは一生飲み続けるかも。

ちなみに
肥りやすい人、鬱の人の腸内を調べると、短鎖脂肪酸が有意に少ないそうです。

腸内細菌の様相で体質や精神状態も左右されることは、最近わかってきたこと。

肥満や精神疾患の治療法として「便移植」が一般的になる日も近いかもしれませんね。

※小腸の栄養源「グルタミン」に関しては別途まとめます。

 

現在募集中のセミナー情報


あちこちでお話の機会を頂いております。おかげさまで分かりやすいと大変好評です。

リピータ様が多いのも私のセミナーの特徴です。

難解な分子栄養学を毎日の生活で実践可能なレベルにまで落とし込んで説明します。

ぜひお気軽にご参加ください。
 

9月29日(金) 【募集中】 美と健康とお金について考える 『10年後に泣かないために、今必要な備える力』

10月9日(月) 【残席わずか】 分子栄養学入門講座 「美肌・美ボディのための糖質講座」

10月12日(木)【募集中】「嫁入り前に知っておきたい!身体の症状と栄養の関係」 presented by マリッジノートと学ぶ「結婚の教科書」
   

腸の栄養は食物繊維とグルタミン、短鎖脂肪酸” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA