ストレス時のコルチゾールの分泌はどれくらいの量なのか?

ストレス時のコルチゾールの分泌をステロイド剤に換算すると?

通常の状態で副腎が
分泌するコルチゾールの量は
1日あたり20㎎です。

 

大きなストレスがかかると、
10倍~15倍に増えて、
1日のコルチゾール分泌量は
200㎎~300㎎に増えます。

 


 

リウマチなどの膠原病、喘息、
ネフローゼ、皮膚炎などで使われる
「プレドニン」というステロイド剤
があります。

 

1日のコルチゾールの分泌量は、
ステロイド剤の「プレドニン」に
換算すると、2.5~5mg程度
となります。

プレドニンは1錠5㎎、

つまり、ストレス時に副腎が
分泌するコルチゾール量は、
プレドニン10錠分!

 

なかなかインパクトのある
数字です。

 

ストレスは一時的なもので
あれば問題ありません。
もしストレスが継続すると、
どれくらい副腎に負担が
かかるのか?

毎日プレドニンを10錠
飲み続けることを想像すると
その負担が想像できますね。

結局・・・、

ストレスが一番大敵です。

つまんない結論ではありますが、
どうぞストレスのない人生を!

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー