加齢によって必要なタンパク質量は減らない、高齢者こそタンパク質が必要という調査結果

Sponsored Link

従来の栄養学では足りてなかったタンパク質

人間の身体は常にたんぱく異化同化を繰り返しています。

「たんぱく異化」とは、簡単に言えばたんぱく質が分解されてしまうことです。
「たんぱく同化」は、その逆でたんぱく質の合成です。

「たんぱく異化」=「たんぱく同化」であれば、均衡状態なので生体機能は落ちません

では食物としてどれくらいたんぱく質を摂れば、均衡状態が保たれるのか?
実は、栄養学上の絶対的な結論というのはまだ出ていません。
だって身体の中で起こっていることなんて、基本的にすべて推測ですからね。

従来の古い栄養学では体重1kgあたりのたんぱく質は 0.8g でした。
これは、たんぱく質に含まれる窒素の量と、尿や便で排泄される窒素の量を比較するという方法「窒素出納法」による計測で出た数値です。

ところが、コホート研究(実際の追跡調査)やそのメタ解析(多数の論文を総合して信用性の高い結論を見出す)によると、どうもたんぱく質摂取量が多めのほうが、病気も少ないし、健康状態が良いよね、という結論ばかりが出る。

理論上の数字と実際の結果が合わない。「窒素出納法」って当てになんなくね?となった次第、これが20世紀の栄養学です。

【タンパク質はどれくらい食べるべき?】BUN(尿素窒素)で知るタンパク質摂取量
どれくらいのタンパク質を食べれば良いのか?窒素出納法による必要タンパク質量とは?どれくらいのタンパク質を食べれば良いのか?という基準ですが、どうやって算出されるかご存知でしょうか?今まで、判断の目安として使われていたのが「窒素出納法」です。

指標アミノ酸酸化法(IAAO法)とは?

21世紀になりまして、窒素出納法の代わりに出てきたのが「指標アミノ酸酸化法(IAAO法)」という計測方法です。

ご存知のとおり、たんぱく質とは多数のアミノ酸の集合体です。

それぞれのアミノ酸が揃って初めて、人間の身体は自分のたんぱく質として合成を開始します。

これはプロテインスコアの桶(オケ)理論と言って、桶の板が揃ってない場合、一番短い板に合わせた量しか、たんぱく質として活用出来ないという仕組み。理系の人だったら「リービッヒの最小律」とか、「ドベネックの桶」とか聞いたことがあるかと。

一番最小のレベルに合わせてしまうので、その他が突出してても無駄になります。

この無駄になったアミノ酸は、身体で燃焼されてエネルギーとして利用されるらしい。

無駄になったアミノ酸が燃焼されて出て行く二酸化炭素の量を計測、排泄される二酸化炭素が最小になれば、たんぱく質摂取量は最適化される、これが「指標アミノ酸酸化法(IAAO法)」です。

必要タンパク質量は加齢で変化しない

この最新の計測方法で高齢者(65歳以上)の1日の必要たんぱく質量を計測したところ、体重1kgあたりおよそ 1.0g以上だったそう。(2016年・カナダ)

これは若年層とほとんど変わらない結果。

Dietary Protein Requirement of Men >65 Years Old Determined by the Indicator Amino Acid Oxidation Technique Is Higher than the Current Estimated Average Requirement

こちらのコホート研究でも、サルコペニア(老化で筋肉が減少して身体機能に不具合が生じること)の予防にもっとも効果的な1日のたんぱく質量は、体重1kgあたり 1.0〜1.5 g/kgだったと結論してます。(2015年・テキサス大学)

Protein and healthy aging

「高齢だからお肉は控えめに」なんて思っていると、タンパク異化が進んで身体機能が落ちます。
予防医学の観点からも、若い人と同じくらいお肉を食べたほうが良いです。

実際に、体力のあるお年寄りほどお肉食べてる印象です。

83歳の登山家・スキーヤー、三浦雄一郎さん
週に2、3回はお肉、ステーキ500gを食べるそうです。

高齢者は咀嚼や消化力の問題で、動物性のタンパク質を敬遠しがちですが、タンパク質が不足するから咀嚼力も消化力も低下するのであって、卵が先か鶏が先かの話です。

元気な高齢者になろうと思ったら、若い頃と同じ量のお肉を食べる。
食欲自体が減るのであれば、炭水化物のほうを減らして、肉は減らさないこと、これがファイナルアンサーです。

Sponsored Link

セミナーご案内「アンチエイジングとタンパク質」

5月24日、Organic Fastingの山岡さん主催のセミナーでお話させていただきます。

会場予約の関係上、開始時間が18:30になりました。

働く方には血糖値が低下してホルモンバランスがもっとも崩れる時間帯です。

「その時間帯にスタートするのであれば、タンパク質系の補食を持って行かせて欲しい」という無茶なお願いを聞いていただきまして、レバーペーストの試食付きというイベントになった次第です。

このセミナーのβ版を、先日ある会の定例でゲスト講師としてお話させてもらいました。

アンチエイジングがテーマなのに、なぜかアフリカの飢餓の子供の写真(笑

「アフリカの飢餓の子供たち」と「立ち食い蕎麦屋で昼食を済ませるメタボおじさん」
この2つの共通点、分かります?

分子栄養学的には大いに関係ありです。

年齢を重ねれば重ねるほど、人間は見た目です。
それまでの食生活が、身体全体に現れます。

ブログでは書けないお話ができるので、私自身セミナーでお話するのはとても楽しいです。

14日までにお申し込みの方には早割り(それって今日ですが・・汗)、これまでに私の主催するセミナーにご参加いただいた方にはリピータ割りがございます。

おかげさまで残席少ないらしい。ぜひお待ちしております。
(追記 5月17日現在キャンセル待ち受付中です)

↓ ↓ ↓

分子栄養学入門講座 「アンチエイジングとたんぱく質」

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする