低いのはむしろ問題ありのコレステロール!食べるものは関係なかったという話

コレステロール基準値のウソ

コレステロール

2014年、日本人間ドック学会がコレステロールの基準値を見なおしました。

・新たな健診の基本検査の基準範囲

以前の基準値220 から、男性254、女性280 までは正常値と変更。

ネット上では、 コレステロール低下薬を売るために、わざと低めの基準値にしてたなコノヤロー的論調もあり、製薬会社との蜜月関係が非難されたり。

ちなみに、日本のldlコレステロール基準値では120mg/dlを超えるとNG、アメリカでは190mg/dlまではOK。
日本のほうが基準が厳しいらしいです。

 

もともと健康診断の値は、病気がどうかの指標にはなっても、健康かどうかの指標にはなりません。
健康診断では、高すぎる異常値はフィルタしますが、低すぎる値は無罪放免。

低い数値は、栄養不足を意味することが多いのですが、コレステロールが低いのも、細胞やホルモンの原料が足りてないということを意味します。

 

広告

 

コレステロールには善玉も悪玉もなし

そもそも HDLのHDとは、「High Density」高比重、LDLのLDは「Low Density」低比重の略

比重の高いコレステロールは、不要な脂質を回収して肝臓に戻す掃除屋
比重の低いコレステロールは、必要な部分に原料のリポタンパクを届ける運び屋

つまり、コレステロールに善玉も悪玉も無く、役割が違うだけです。

 

では、どうしてLDLコレステロールが血管に溜まって心筋梗塞や脳梗塞になるのか?

原因は炎症
炎症が起きたところに、細胞膜を修復しようとして、運び屋LDLが原料となるコレステロールを届けているだけの話なので、本当の原因は炎症ということです。

炎症の原因は、酸化ストレスや、糖質による高血糖だったりします。
コレステロールを犯人扱いするのは冤罪ですね。

 

ラードとバターを食べてもコレステロール値は増えません

私はコレステロール値が低いです。
BMI値低、痩せてるのも、実はあまり良いことではないよって話をしましたが、コレステロールも当然低すぎは問題があります。

関連記事

【痩せ過ぎ解消・太るための方法】食べても太らないは問題あり!?
食べても太れない体質の問題点 「食べても太らない人」がいます。 今日はそんな「食べるのに痩せてる人、太れない人」についてです。 有名ブロガー「イケハヤさん」が食べても太れないことを記事にしていたので、ちょっとこれをネタに診断にチャレンジしてみます。 167cmで48kgです。「太れない体質」なんです。 BMI17だそうです。かなり痩身です。 イケハヤさんの場合、「うどん3玉ぺろり」と言ってます。 おそらく食べてるさきからインスリンがジャブジャブ出ているのかと思われます。 血糖値の動きが荒く、コルチゾールを消耗するので、筋肉がつきません。(もう見た目で明らかですが) HbA1c、Gアルブミン、1.5AGの値を見てみたいです。 解糖系に頼っているのでエネルギー効率が悪い代謝であることが想像できます。 空腹に強いか、すぐお腹が空くか、どちらか極端なはずです。 空腹に強い場合は、自分の骨格筋を壊しながらエネルギーにしているタイプです。年齢がいくほど筋肉の薄い身体になっていきます。 すぐお腹がすく場合は、血糖値の乱高下が激しいため、感情の起伏、揺らぎが大きくなります。 ビタミンBの消耗も激しいはずです。 解糖系に頼っているのでLDHあたりの数値もたぶん低いと推測されます。 胃腸もあまり丈夫ではない。 となると首、肩の緊張も強いはずです。 イケハヤさんはかなりのなで肩ですから、子供のころから胃腸が弱く、首肩周りの緊張が抜けない人だったんではないでしょうか。 筋肉で身体を支えてませんので、アドレナリンが強いタイプでしょう。 あの炎上スタイルも、アドレナリンファイターだと思えば納得ですね。 こういった人の場合、むしろ炎上の中にいないと、落ち着かないはずです。 子供であれば、いじめっ子かいじめられっ子のどちらか。 スタミナがないことは想像にたやすいので、東京での通勤は地獄だったはずです。 まあ彼の場合、そう自白してますけどね。 「風邪をひきやすい」とおっしゃってますので、抵抗力が弱く、暑さ・寒さ・ストレスに敏感なタイプでしょう。 粘膜も弱そうなので、もしイケハヤさんが東京で消耗していたら、中年以降でIBS(過敏性腸症候群)やGERD(逆流性食道炎)なんかになってるのではなかろうかと思われます。 そしてもうひとつヒントが。

 

いつもだいたい総コレステロールが160~170前後です。
栄養療法では、200以上が理想値です。
いつも担当医に、もうちょっとがんばろうね~なんて言われてます。

昨年「よーし、今度の検査では絶対コレステロール上げてやるぞ~」と意気込み、ラードとバターを毎日食べました。検査前、食事は私の分だけ、別添えでラード足し足し、バター盛り盛り(卵はIGG検査でかなり高い反応が出たので、あまり食べず)

結果、AST/ALTだけ上昇して、コレステロールは微動だにしませんでしたw

 

(Before) → (After)
AST  24 → 35
ALT  22 → 34
TC  166 → 169
HDL  68 → 68
LDL/HDL  1.36 ⇒ 1.34

(検査日 2014/10/27 → 2015/5/2)

 

これ、実は当然の結果でして、なぜならコレステロールの80%以上は肝臓で製造されており、食事からのコレステロールは2割以下。
つまりコレステロールは食事にはほとんど影響されないのです。

結局、不十分な私の肝機能をあぶり出す結論でしたw

適正コレステロール まとめ

コレステロールを上げるには、製造工場である肝臓が十分に機能していること。
ビタミンB(特にV6)、ビタミンC、十分なタンパク質(アミノ酸)などが必要です。

あと肝機能をあげるには、やっぱり腸ケアの4Rだなと。
リーキーガットで、未消化物も毒素もだだ漏れだと、肝臓はデトックス業に忙しくて、コレステロール合成はおろそかになりますから。

関連記事

リーキーガットの治療法「腸の4R」とは?
「4R GI Restoration Program」腸治療プログラムの4R 腸・おなかケアの話です。 腸のタイトジャンクションが緩み、未消化物が血液に入ることによって様々な病態をひきおこすリーキーガットや、過敏性腸炎など、腸の治療方法には主に4つの方法があり、略して「4R」と言います。 ・Remove(除菌)・・・・・有害な菌を除菌する ・Replace(補充)・・・・消化・吸収を促進させる ・Reinoculate(植菌)・・・乳酸菌などの有用菌を入れる ・Regenerate(再生)・・・・腸粘膜の材料や有用菌の餌を入れる (1)Remove「除菌」 悪玉菌や、過剰なカンジダ菌の除去を行います。 カンジダのバイオフィルムが剝がれるときに、カンジダ菌がかかえた有害物質がリリースされるので、一時的に体調不良になる人がいます。いわゆる「ダイオフ現象」に注意して行います。 ■カンジダ除去に効果的なハーブを使う オレガノ、パウダルコ、アシュワガンダ、リコリス、オリーブの葉エキス、など 関連記事 ・腸カンジダ対策『パウダルコ茶』(紫イペ茶)とナウ社の『カンジダ・サポート』 オレガノなどハーブをメインにカプリル酸を加えたカンジダ対策サプリメント (ガスが多い、アゴに吹き出物が出るときに使ったところ効果抜群でした。おそらく・・ですが、カンジダだけではなく悪い菌に効いた様子) こちらの商品 ↓ ↓ ↓ Now Foods, カンジダ サポート、180 ベジカプセル ■抗菌作用のあるココナッツオイル(カプリル酸)を使う 関連記事 ・腸粘膜の抗炎症にはココナッツオイルが効く!カプリル酸で腸を健康に! (2)Replace「補充」 Replaceは「入替え」の意味ですが、ここでは元の状態に戻す作業という意味で’replace’ 不足した消化酵素や、その他消化に関わる要素を適宜補充して、粘膜細胞の代謝を促し、未消化物が腸に流れこまないようにします。 ■消化酵素サプリを補充して消化を促進する 関連記事 ・胃腸の弱い人は必需品!現在愛用の「消化酵素」をまとめてみました! ■塩酸ベタインを用いて胃酸を補充し、消化を促進する 関連記事 ・栄養不足、アレルギーは胃酸不足が原因!「塩酸ベタイン」で胃酸をサポートする

 

一番、体調が良い時の総コレステロール値が209でした。
体感と一致しています。やはりそれくらいが丁度良いということです。

低すぎると、細胞膜も原料不足で肌もカサカサ、気持ちもギスギスします。
コレステロール値は200以上が適正と覚えてください。

 

 

 

 

【お知らせ】セミナー・イベント開催情報

 

7月分の料理塾・セミナー情報は6月末までに告知いたします。少々お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA