ファスティングが合う人・合わない人

広告

今日は健康診断でした。

当然、朝ごはん抜きです。

診断の後、11:30くらいに空きっ腹に上等なお鮨を頂きました。

勤務している会社が加入の健保組合は、ホリエモンも絶賛の「関東ITソフトウェア健康保険組合」
健康診断は美味しいランチ付き。

とても上品な高級お鮨。

半日絶食後のお鮨
ちょっと嫌な予感はしましたが、ばっちりグルコーススパイクを感じました。笑

茶碗蒸しにも味醂、モズク酢の砂糖、そして握りのシャリとその甘酢。
和食の糖質キタコレ
午後に来客予定があったので、つい早食いになったもの敗因。

ランチ後の気だるい眠気。
ああ、久し振りのこの感触( ´_ゝ`)フッ

おうちにいたらゴロンと横になってますが、会社に戻って仕事ですから、そういうわけにはいきません。

副腎もアタフタとコルチゾール出してストレスに対抗したことでしょう。

ファスティングや朝食抜き、フルーツモーニングや朝スムージーが合う代謝のタイプと合わない人がいます。
合わないタイプの人が継続的に断食めいたことを行うと、どっぷり疲労体質になるから注意が必要です。

私は典型的なファスティングの合わないタイプの代謝の人です。

だからよーく分かるのですが、朝食抜きだと身体が軽いし、脳が冴え冴えになります。
以前、酵素食にはまって朝ごはんはグリーンスムージーのみという時期がありましたが、午前中はキーボードを打つスピードが速くて、変換が追いつかないときもあるくらいでした。笑

一見、調子が良いと勘違いするから怖いですね

この辺の身体のメカニズムと機序を分かっておくと、ファスティングなどの健康情報に踊らされて失敗、ということも無くなります。

 

 

最近は筋肉も増えてきたのでちょっと油断ぎみでした。

LDH(乳酸脱水素酵素)は180を超えてきたので(以前は150台)、糖質代謝はうまくなったと思うのですが、ちょっと油断するとこのありさま。
TG(中性脂肪)が低く、コレステロールもなかなか200越えをキープしてくれないから、どこか脂質の回し方が下手なようです。

断食療法を否定はしていません。
むしろ興味ありありです。
いつかはチャレンジしてみたいと思っています。
ただ今の状態だとまだまだですね

知らなかったらコーヒーでドーピングするところですが、それをやってしまうとカフェイン中毒まっしぐらなので、午後は薄い緑茶で水分補給。

あとアミノ酸もプロテインも準備してなかったので、会社に行く途中、焼き鳥(塩味)を5本買ってタンパク質も補給

現代人は食べ過ぎだから、お腹がすくまで食べない、1日1食でよい、朝は抜いたほうが良い、そんな健康法はごもっともなんですが、残念ながら私には合わないのであります。

結論
お腹は空いたと感じなくても、細胞は腹ペコだったりします。
ちょっとずつ栄養を与えるため、やっぱり朝ごはんは重要です。

 

 

現在募集中のセミナー情報


9月16日は久しぶりの「初めての分子栄養学講座」です。週末の開催はレアです。

栄養療法ってどんな感じ?分子栄養学って何?という方にぜひおすすめします。

参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。

8月29日(水) 東京開催!【募集中!】 こんなに楽チン!まごめ流・毎日できる分子栄養学ごはん~食材選び/簡単調理テク~

9月16日(日) 東京開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」~

9月21日(金) 東京開催!【募集中!】 まごめ純先生の分子栄養学講座「脂質〜理論と食べ方まとめ〜」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA