【天気によって体調が変わる理由】白血球の分画で知る自律神経のバランス

広告

戦う戦士「顆粒球」と「リンパ球」

身体には敵と戦う「白血球」という部隊がおります。

バクテリアやバイキンなど、分かりやすい敵と戦うのが「顆粒球
怪我をして、バイキンがついて、膿が出る。
風邪をひいて、ネバネバの黄色い鼻水がでる。
膿や鼻水は顆粒球の死骸です。

リンパ球」の戦う相手は、もう少し高度で、テロリストや高度知能犯。
ガン細胞など、ややこしい相手と戦うのが「リンパ球

イメージで言えば、交番の警察官が「顆粒球」で、自衛隊の特殊部隊が「リンパ球」
(こんな覚え方してゴメンナサイ)

 

広告

 

白血球の分画(ぶんかく)で診る自律神経のバランス

副交感神経優位だと、リンパ球が増えます。
交感神経が優位になると、顆粒球が増えます。

リンパ球にはアセチルコリン(ゆったり集中状態の時の脳内神経伝達物質)の受容体があり、
顆粒球の大部分である好中球に、ノルアドレナリン(戦いモード)の受容体があるためです。

 

免疫学の考え方では、

・リンパ球40%以上だと副交感神経優位
・顆粒球60%以上だと交感神経優位

となるらしいのですが、
血液検査では、顆粒球の種類(好中球、好酸球、好塩基球)ごとに数値が出て、自分で計算しなければいけません。

もっと簡単に、リンパ球だけで判断の目安とすることができます。

 

リンパ球が30%以下だと、かなり交感神経優位で緊張状態にあると推測されます。
ストレスが多くて、胃腸が弱い、冷えがないか、と推測します。

 

逆に、リンパ球が30%以上で多い場合、副交感神経優位で、運動不足や血管の拡張で血流が悪く、ぐったりして、ウツ症状になっていないか、などと推測します。

天気と自律神経の関係

澄み渡った青空、あー良い天気!
そんな日は交感神経が優位になり、顆粒球が増えます。

洞窟で暮らしていたご先祖様の時代に、狩りに出かけて獲物をゲットすべく、
顆粒球を増やして怪我に備えたらしい結果です。

ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンも活性化、
やる気が出て気分も前向きになります。

 

逆に、空がどんより、雨や雪で悪天候。
気圧が低いとリンパ球の割合が増えます。

副交感神経が優位になり、ぐったりしてベッドから起き上がれない。
なんとなくやる気も出ない。

 

狩りに出かけても、獲物が少ないので、戦闘モードにならないんですな。

はじめ人間ギャートルズの時代であれば、洞窟でゆっくり過ごせばよかったのですが、
現代人は雨だろうと台風だろうと、会社・学校に行かねばならない。

 

無理やり頑張りますから、ストレスになります。
自律神経のバランスが崩れて、イライラすることが多くなる。

瞑想したり、深呼吸したり、SNSから距離を置いたり、
雨の日は、できるだけストレスをコントロールするのが賢明です。

 

低気圧による自律神経の乱れには「五苓散」がよく効くので常備してます。
副作用もなくとても優秀な漢方です。

低気圧による頭痛の9割は「五苓散」で改善可能!なぜ効くのか検証してみた
「五苓散」が低気圧による頭痛に効くと発見したのは日本人「五苓散(ゴレイサン)」は、水分循環をよくする漢方薬で、はき気、嘔吐、下痢、むくみ(浮腫)、めまいに効くとされています。参考「おくすり110番」五苓散のふるさと中国では、1800年前から存在する定番の漢方薬、しかし片頭痛に効くという記録は無いそうです。江戸時代後期に日本人医師が、あれ?効くんじゃね?的なノリで発見したようで、戦後その記録を医師が発掘。はっきりと効果が立証されたのは19

ストレスが自律神経のバランスを乱す

現代はストレス社会なので、交感神経が緊張状態の場合が多いです。

ガン細胞と戦うリンパ球が減りますので、ガンになりやすいのも交感神経優位の人です。

 

見た目からして、早口で怒りっぽく、挑戦的でギラギラしていれば、
交感神経優位だと分かりやすいのですが、

おっとり物静かなのに、血液検査結果でリンパ球が少なすぎる場合、
身体の細胞レベルでは、交感神経優位の戦闘モードが起動しており、
何かのストレスを抱えてないかを推測します。

 

交感神経優位の場合は、血管が収縮して血流が悪くなり、胃腸の働きが悪くなります

栄養の吸収が悪くなり、サプリメントや食事改善の効果が半減しますので、
交感神経を緩める工夫も並行して必要と判断します。

福田稔「病気が治る人の 免疫の法則」

今日の参考文献。
晴れの日は顆粒球が増えて交感神経が優位になる、というのを発見した福田稔医師の本
医師自身がうつ病経験者。時々理論が飛躍するんだけど面白かったです。

副交感神経のバランスをとるために、福田医師がオススメなのは、「爪揉み」と「つむじ押し
両手の爪の生え際をクイクイもんで、つむじあたりを指圧するだけ。

爪の両脇を刺激すると、実際に白血球の分画バランスが良くなるらしいです。

次の血液検査の採血前に、グリグリ爪揉みとつむじ押しをして実験してみようと思います。

 

 

 

現在募集中のセミナー情報


あちこちでお話の機会を頂いております。おかげさまで分かりやすいと大変好評です。

リピータ様が多いのも私のセミナーの特徴です。

難解な分子栄養学を毎日の生活で実践可能なレベルにまで落とし込んで説明します。

ぜひお気軽にご参加ください。
 

9月29日(金) 【募集中】 美と健康とお金について考える 『10年後に泣かないために、今必要な備える力』

10月9日(月) 【残席わずか】 分子栄養学入門講座 「美肌・美ボディのための糖質講座」

10月12日(木)【募集中】「嫁入り前に知っておきたい!身体の症状と栄養の関係」 presented by マリッジノートと学ぶ「結婚の教科書」
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA