【プロテイン】植物性タンパク質を加えることで筋肉分解が抑制される

植物性たんぱく質をプラスすると筋肉分解抑制に効果的

まごめじゅん

たんぱく質は動物性と植物性、両方一緒に摂ることでタンパク質の分解抑制の効果が高いようです。

先日、本を読んでいたら『ホエイは筋肉合成を促進する効果が高く、ソイは筋肉分解を抑制する効果が高い』という記述を見つけまして、情報元の文献が非掲載だったのでですが、どうもこのあたりがソースのようす。

植物性たんぱく質と動物性たんぱく質の同時摂取効果を検証、ダブルで摂取するとたんぱく質を効率的に吸収することを確認

ホエイプロテイン単体の場合よりも、ソイプロテインを組み合わせることで、血中BCAA濃度がより長く持続していた

結果、ホエイプロテイン単独よりも、ホエイ+ソイプロテインのほうが筋たんぱくの合成率が高かったとのこと。

ソイプロテインはタンパク質分解を抑制する

ソイプロテインにはタンパク質分解(筋肉萎縮)のメインレギュレーターであるユビキチンリガーゼという酵素を阻害する物質(グリシニン)が含まれています。

大豆たんぱくの主成分(60%)を占める大豆グリシニンが、筋分解を抑制。

大豆グリシニンタンパク質は、マウスの筋萎縮を有意に予防した。大豆グリシニンは、筋萎縮に関連する酵素ユビキチンリガーゼを阻害する。

Soy Glycinin Contains a Functional Inhibitory Sequence against Muscle-Atrophy-Associated Ubiquitin Ligase Cbl-b

ホエイプロテインとソイプロテイン、どっちが良いの?

ソイプロテインについて、よく質問されます。ソイが良いのか?ホエイが良いのか?といった類の質問。

海外の論文では、「筋肉を作る」という目的では大きな効果の違いはないと言い切ってるものがほとんど。

筋肉量の増加に対する大豆タンパク質と動物タンパク質の補給の効果に違いはない(メタ解析)

No Difference Between the Effects of Supplementing With Soy Protein Versus Animal Protein on Gains in Muscle Mass and Strength in Response to Resistance Exercise

ソイプロテインか?ホエイプロテインか?という問題。リアルな回答は「飲んでみてイイ感じのほうを選択する」のが、程よい着地点になります。

なにせ摂取量よりも消化吸収問題のほうが、現場では重要になるケースがほとんどなので。理論よりも自分の身体に聞くのが一番。たまに胃がもたれるくらい頑張りすぎちゃう人もいますから。

【プロテイン】動物性か、植物性か、ホエイか、ソイか【まとめ】

プロテインという商品、私はホエイ派ですが、ソイもちょい足ししてみようかと思った次第。

そして、お食事は「ステーキ+冷ややっこ」とか、「から揚げ+納豆」とか、動物性と植物性を組み合わせるのが最強ですね。

まとめ

  • ホエイプロテインにソイプロテインを組み合わせると筋肉合成により効果大。
  • ソイプロテインは筋肉分解を抑制する効果がありそう。

.

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー・ワークショップ

【終了】9月5日 北海道・倶知安 プレミアム食事会 女性限定!マル秘・トークディナー

【終了】9月6日 北海道・倶知安 特別ワークショップ&グループセッション~コストゼロ!自分で暴く体調不良の正体~『病気・症状を止める3つのステップ』