糖尿(高血糖)も、低血糖症も、細胞内では同じことが起こっている

細胞内で起こっていること

まごめじゅん

高血糖も、低血糖も、細胞内で起こっていることは同じだったりします。

糖尿病に代表される高血糖、それと反対の低血糖症。

この2つ、細胞内で起こっていることは、共にエネルギー代謝の低下と言う点で共通しています。

高血糖のときに細胞内で起こっていること

高血糖(糖尿)の原因のほとんどが、細胞膜がおバカになって、インスリンが効かないことです

プログラムが不具合起こして、インスリンが受容体に結合しても、反応が起こらず、糖の玄関が作られないことを「インスリン抵抗性」と言います。

インスリン抵抗性があると、糖が細胞内に入れませんから、血液中に糖がジャブジャブになる。

これが高血糖です。

つまり、高血糖とは、細胞の中に糖が入れない

細胞の中に糖が入ることが出来ないから、細胞は常にお腹ぺこぺこ。

細胞の中ではエネルギーの枯渇が起きている

「細胞内飢餓」の状態とも言えます。

低血糖のときに細胞内で起こっていること

低血糖にもさまざまなケースがありますが、多くはミトコンドリア機能の低下による、エネルギー代謝の低下です。

ところが、ミトコンドリア機能が低下して、もし解糖系しか使えないとなると、1個の糖から2個のエネルギーしか作れない。

同じ車でも、燃費の良い車は、リッターあたりの走行距離が長いですよね。燃費が悪い車は走行距離が短い。

同じ量のガソリン(糖)でも、エンジンの性能(ミトコンドリア機能)によって、作られるエネルギー量に多寡が生じます。

低血糖症は、エンジンがポンコツなので、糖の過剰な消耗が起きてしまう。

作られるエネルギー量が少ないから、細胞は常にお腹減ってる。

細胞がどんどん糖を取り込むので、血液中には糖が少なくなる。

つまり、低血糖においても細胞内で起きていることは、エネルギーの枯渇です。

こちらも同じく「細胞内飢餓」の状態と言えます。

高血糖も、低血糖も、細胞内は飢餓状態

目に見えいる現象は「血糖値が高い、血糖値が低い」という全く反対の現象でありながら、実は細胞内では同じ状態が起きています。

細胞レベルでみたら、高血糖も低血糖もエネルギーの枯渇、つまり「ハラヘリ状態」なのです。

腹が減っては戦が出来ぬ。代謝が低下するし、免疫低下するし、タンパク質の工場が正常に稼働しないから、出来損ないのタンパク質であちこちで不具合発生しがち。

動くためのエネルギーも不足するから、疲れやすい。

さまざまなケースで直面するのは、結局のところ「エネルギー代謝」だなあとしみじみ思います。

人間は従属栄養生物ですから、三大栄養素をいかに効率よくエネルギーに変えられるか?

病気も疲労も、この1点が全ての症例を解決するのです。分子栄養学のキモですね。

  

今日のポイント

高血糖も低血糖も「細胞内飢餓」

   

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」