小腸とミトコンドリアの共通点は何でしょう?

ミトコンドリアと小腸の共通点

小腸の粘膜です。柔毛の構造。

 

バスマットの構造とそっくりですね。

 

バスマットは、風呂上りに
したたり落ちる水滴を吸収するために、

小腸は、できるだけたくさんの
栄養を効率よく吸収するために、

同じ構造をしているのです。

 

同じように、狭い場所で
うねうねとした構造を取ることで
たくさんの接地面積を稼ごうと
としているものがあります。

それはミトコンドリアの内膜

このクリステと呼ばれる突起
のようなものがたくさんあることで
内膜は面積を稼いでいます。

 

狭い空間でたくさん電子が
行き来できるよう、
うねうね構造を取ったのですね。

知れば知るほど生命体は合理的に、
素直に出来ていますね(^^)

 

分子栄養学を勉強すると
分子生物学の知識は
自然と増えていきます。

ミトコンドリアの画像は
こちらの本からです。
良い本でした。感想は
また別途レビューします。

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で

現在募集中のセミナー

 

【大人気ZOOMオンラインセミナー】 12月19日(土)身体が変わる栄養学『分子栄養学のきほんを学ぶ』

【臨床分子栄養医学研究会主催】  お得な期間限定サービス! 16本の動画講座が見放題!「まごめじゅん特選オンライン・コース」