【第11期分子栄養学実践講座!受講生募集中!】分子栄養学実践講座が素晴らしい点3つを挙げてみました。

広告

第11期分子栄養学実践講座!受講生募集中!

私の所属する一般社団臨床分子栄養医学研究会(長い名前だな)が主催する分子栄養学実践講座ですが、

第11期(9月9日東京スタート)が受講生を募集開始しております。

詳しいスケジュールはこちらのリンク★をご確認ください

この講座は医療関係者のみならず、一般の方(患者)にも門戸を開放してくれる日本でも数少ない勉強会です。

栄養療法の一患者であった私が、この講座に出会ったことで目からうろこ、文字通り人生が変わりました。

「どういう感じですか?」とよく聞かれるので、簡単にご紹介します。

 

広告

 

分子栄養学実践講座のここがすごい!その1「ウェブ講座の充実が半端ない」

分子栄養学実践講座には通学版とウェブ版があります。

もともとウェブ版は講座に出席できなかった場合に、講義を録画してウェブ配信していたものを

オンライン学習者専用に開放したものです。

このウェブ学習がすごいのです!!

 

どうすごいのか??

とにかくコンテンツが滅茶苦茶豊富

わたくし、この勉強会に所属してもう2年以上になりますが、いまだかつてすべての動画講座を制覇出来ていません。笑

 

まず、講座を申し込むと会員専用のIDとPWが送られてきます。

専用のサイトにログインすると、過去2期分(いやそれ以上か?)の講座がこのように見放題です。

 

私の好きな講座は宮澤先生の講義全般、小池先生の症例検討会Live、溝口先生の低血糖症に関する特別講演、久末先生のテストステロンの特別講義、古野先生のがん治療のプロトコルでしょうか。

私は普段からよく講義をつけっぱなしにして聞きながら家事をしています。

 

この動画が非常によく出来ていて、毎回実際の授業を専門の業者に依頼して、

動画作成のプロが録画して編集していますので、非常に見やすい。

 

このオンライン受講と一般(通学版)の違いは、講義の後に開催される症例検討会です。

午前10時から午後3時くらいまでが講義、その後2時間くらいが症例検討会となります。

 

症例検討会では持ち寄ったデータを元に議論します。

患者側であればご自身のデータを持ち込むことが可能です。

たくさんの専門医、カウンセラーに意見をいただくことが可能なわけです。

 

はっきり言って、そんな勉強会は日本にもここだけ。

ウェブ版はウェブ版なりにお得感が半端ないし、

通学版は通学版なりにメリットがありすぎて、真剣に学びたいという方にはこれ以上の講座はありません。

分子栄養学実践講座のここがすごい!その2「とにかく実践的である」

もともと分子栄養学実践講座の前身は宮澤先生をはじめとする栄養療法のドクターたちによる小さな勉強会からスタートしました。

「高濃度ビタミンC点滴」で検索しても1個も検索でヒットしないような時代に、なんとか良い情報を集めようとドクターら6名が集まりマンションの1室で始めたのが実践講座の前身です。

 

「実践講座」の名前のとおり、毎回ざまざまな分野の専門医や治療家の方が講師となり、各々の分野に沿った実践的な内容の講義をしてくれます。

 

インターネットや本で調べるレベルの情報ではありませんからこれが滅茶苦茶勉強になります。

通い始めて2年以上になりますが、配布されたメモだらけの資料は私の財産です。

 

勘違いしてはいけないのですが、血液データの読み方や栄養についての基礎的な知識を一から教えてくれるところではありません。

それに関しては、ウェブを開くと教本(PDF)が用意されてありますのでそちらで自習しましょう。

 

基礎編、応用編、実践編の3部作となっており、それぞれ150ページぐらいです。

 

この教本がまた素晴らしいのです。

私は職業柄「分子栄養学をもっと知りたいのですが、何か1冊良い本を紹介してください。」とよく聞かれます。

その答えが非常に難しい。

なぜか?

 

それは、この実践講座の教本が素晴らしすぎて、市販の本をほとんど読んだことがないからです。

とにかく分かりやすく、医療関係者でない人にも理解可能な言葉で栄養療法に関する知識がくまなく網羅されています。

 

さぞかし難しい教本かと思うかもしれませんが、実際にはめちゃくちゃ分かりやすい。

実践編なんて症状の解説は漫画ですから。笑

 

ウェブで配信される教本だけでは不安だわ、そういった方には補講が準備されています。

実践講座のある第二、第三日曜日の前日(土曜日)に補講が行われるのが通例です。

 

私自身、2016年年末まではIT系の会社員でした。

ずぶの素人でしたが、特に難しいと思うことなくここまで来れたのは、

勉強会に来ればいつでも教えてくれる諸先生方に恵まれたためです。

 

栄養学に関心を持つ先生方は、とても柔軟で人間的に魅力のある方が多くお話をしていて非常に楽しいです。

そういった方々と出会えたことも、実践講座で勉強したメリットでした。

分子栄養学実践講座のここがすごい!その3「栄養療法の仲間が出来る」

勉強会で「栄養」というキーワードでつながる仲間に出会えたこと。これはまぎれもない財産です。

「栄養と身体のつながり」を知っている人とそうではない人とは何が違うのか?

それは俯瞰する力だと思います。

 

例えば、一癖も二癖もあるクレーマーの患者と接したとします。

もし、栄養と身体のつながりを知らなければ、イライラしてその日が台無しになることでしょう。

 

 

ところが、分子栄養学を学ぶ方であれば、そのようなモンスタークレーマーに当たっても

「あ、この人○○が欠乏しているなあ」と分析が始まります。

見た目や言動から栄養状態をプロファイルすることは経験値となりますので、イラっとするどころか貴重な財産が増えます。

 

自分自身の感情に関しても、脳の神経細胞と栄養素が密接に関わっていることを熟知してますから、

「ああ、今日はたぶんアレが足りないな」と冷静に対応することが出来る。

 

今までなすすべもなく振り回されていた体調や感情が、自分のコントロール可能なものと捉えられる、

人間の感情と身体の関係を熟知している人たちなので、お付き合いしていて楽しいし心地よい。

 

それから、実践講座にお申込みをいただくと、会員専用の秘密のFBページに入れるようになります。

いろいろな症例に対する疑問や意見交換などは、そこですることが可能です。

先日は宮澤先生から推薦図書一覧がドサッと出てましたので早速購入しました。笑

 

栄養療法の一患者であったころは、ネットで集めた情報に振り回されてばかりでしたが、

今では同じような仲間がたくさんいますから、治療に対して孤独になることなく

自分の体調に対峙することが出来るようになりました。

「第11期分子栄養学実践講座」申し込み方法について

今まで何のことやら意味の分からなかった健康診断や人間ドッグのデータが

自身の食生活を映す鏡だと知ることになりますし、家族の体調管理もできるようになる。

分子栄養学を学ぶメリットは計り知れないので、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

 

初回講座は東京、9月9日(日)です。私も登壇します。

申し込み詳細はこちらのリンク先にありますのでご参照ください(↓)

お申込みされた方はぜひ会場でお声がけくださいね!

お待ちしております!

 

現在募集中のセミナー情報


わたくしのセミナー参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。

11月18日(日) 東京開催!【募集中!】 こんなに楽チン!毎日できる分子栄養学ごはん~食材選び/簡単調理テク~

11月21日(水) KRD Nihombashi Studio 提供!【残席僅か!】 あなたの健診結果に基づく正しい食生活を理解して、健康の自己ベストを更新しよう!

11月26日(月) 東京開催!【募集中!】 リニューアル!糖質理論の最新版!糖質制限なんて必要ない。糖質が怖くなくなるズルイ栄養学セミナー

12月5日(水) 東京開催!【募集中!】 貧血は鉄欠乏だけじゃない!打倒貧血・実践栄養セミナー

12月10日(月) 東京開催!【募集中!】 分子栄養学講座「脂質〜理論と食べ方まとめ」

12月16日(日) 特別企画!【満員御礼!キャンセル待ち受付中】 不眠・ストレス・緊張 なんとかしたい!疲れを癒すリアル漢方・生薬の会

12月23日(日) 東京開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学 その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA