『第10期 分子栄養学実践講座』について

広告

第10期 分子栄養学実践講座について

第10期 分子栄養学実践講座(2018年2月〜2018年8月)の募集が開始されました。

↓ ↓ ↓

第10期分子栄養学実践講座 お申し込み

 

2年前、サプリメントの効果に疑問を持ち、第7期分子栄養学実践講座に参加しました。

当時私はまだ会社員で定期的に通院する患者でした。

実は、栄養療法に対する不信感が勉強をスタートするきっかけになったというのは、不思議な縁ですね。

もしかしたら、これを読んでくださっている方の中にも私のような人がいるかもしれません。

受講しようかどうか、検討中のみなさまに、いったいどんな講座なのか少しご紹介します。

 

分子栄養学実践講座の素晴らしい点3つ

私が飽きることなく毎回楽しみにしている講座ですが、なぜ学ぶ価値があるのか、具体的に書いてみます。

 

その1 自分で自分の主治医になれる

当たり前ですが、栄養療法の医師レベルの診断が自分で出来るようになります。

血液データの読み方のノウハウを惜しみなく公開しているからです。

自分自身のちょっとした不調の原因はもちろんのこと、ご家族のデータを診ることもできるようになります。

各サプリメントに関する情報、臨床での実績など、医療関係者でなければ手に入らない情報が入手可能です。

 

データの良いところは、完全なる客観性です。

例えば、本人が「元気だ」と思っていても、実はただのアドレナリンでアクセルふかしているだけだったり、きちんと食べていると思っても実は栄養欠損だったり、

そういった方は、ある日突然病に倒れたり、プッツリ糸が切れたようにメンタルが落ちたりします。

 

データは嘘をつきませんから、自分を客観的に診断するのに最適です。

自分で自分を診断できるようになる。これは人生の財産です。

 

その2 情報の質と量がハンパない

私がこの講座に参加して驚いたのは、その情報量です。

過去の講義もほとんどがウェブで動画公開されています。

以下のように会員専用のウェブページにログインすると、いつでも動画で復習、過去の名講義を聴くことが可能です。

 

ここに写っている分は全体の30%くらいです。出し惜しみの無さがすごい。

紙もののテキストはすべてPDFでダウンロード可能です。

私ですらすべてを観たと言えるのか怪しいくらい豊富なコンテンツです。

 

実際の講義のテキストは毎回プリントで配布されます。

前期分をざっと並べてみました。

「慢性疲労と精神疾患における治療プロトコル」、「サプリメントでがんを治す」、「自閉症、アトピーに対するアプローチ」、「メチレーションを理解して自閉症に対抗する方法」etc.

これほんの一部ですよ・・

 

情報はいつも最新、現場のドクターのお話、生きた情報がてんこ盛り。

決まったテキストを配布して、テンプレートの授業を行う資格ビジネスとは一線を画します。

「臨床分子栄養医学研究会」の名が表すとおり、あくまで「臨床なのです。

 

その3 治療仲間、勉強仲間と出会える

たくさん治療仲間、勉強仲間と出会えます。

自分に似た症状を持つ人が必ずいますから、非常に治療の参考になります。

これは当講座に限ったことではないかもしれません、が!

この実践講座がすごい点は「医師も患者も同じ土俵で学ぶと言う点です。

 

医師、患者だけではありません。

整体治療家、鍼灸師、スポーツアロマ、栄養士、歯科衛生士、断食指導者など、ほんとうにさまざまな方と交流することが出来ます。

 

みなさんの共通点はただ一つ「分子栄養学に興味がある」の1点だけです。

懇親会、オフ会も楽しいです。

 

「初心者が同じクラスで学ぶのはたいへんじゃないですか?」とよく聞かれます。

レベル感に不安のある方には、初心者向けに特別講座が前日に開催されます(3,000円程度)ので任意で参加可能です。

 

あと、個人的な印象ですが、実践講座に通う方ってみなさんフランクでフレンドリー。

ドクターの諸先生方も、患者サイドの気持ちが良く分かる、思考が柔軟な方が多い印象です。

疑問に思うこと、分からないことはどしどし聞いてみてください。

 

実践講座だからこその楽しみ(番外編)

私は、認定試験日にあたる最終日での、宮澤先生のお話が好きです。

毎回とても聞きごたえのあるお話をされます。

 

今回は臨床分子栄養学実践講座における基本理念でした。

・俯瞰力を身につけ、森も木も同時に見ること
・反対側から見ることで立体視すること
・メカニズムとエビデンスのバランスを取ること
・個体差を理解する
・身体の仕組みを理解する
・真の原因を追究する

これらはすべて分子栄養学に限ったことではなく、あらゆることに必要な視点ではないでしょうか。

 

第8期の最終日は「IDENTIFY THE CAUSES」のお話でした。

これもいいお話だったなあ(こちらを参考▼)

「IDENTIFY THE CAUSES」病気の根本原因を見つけ出す!分子栄養学の極意
「IDENTIFY THE CAUSES」病気の原因を見つけ出す 私が所属する臨床分子栄養医学研究会、第8期実践講座の最終回で、試験が終了したあとの宮澤先生のお話がとてもよかったのでシェアします。…

 

あと、なんと言っても小池先生のライブ症例解析が毎回楽しみです。

 

これはひとつの「ショー」です。毎回感動です。

単なる血液データからその人の人生、価値観、すべてが見えてきます。

鳥肌モノ。

分子栄養学の本当の面白さが分かります。

私もこのレベルの診断解析が出来ることが目標ですね。

 

分子栄養学実践講座に向かない人とは?

なんだか、良い点ばかりを並べましたので、悪い点もはっきりお伝えしておきます。

 

マニュアル化された勉強法が存在するわけではありません。

「分子栄養学の世界を掘り下げてみたい」という方には、文句なく日本一の講座だと思いますが、

「資格さえ取れたら良い」と言う方には不向きです。

 

その理由は、本講座の起源にあります。

この講座の前身は、ごく数名のドクターがマンションの一室で行っていた勉強会です。

それが今では150名を超える認定医師、認定歯科医師、認定カウンセラーを生むまでに大きくなりました。

もともとの成り立ちが、巷によくある「資格ビジネス」を目的としていないのです。

 

今では京都、札幌、博多と地方にもたくさんの勉強会を開催するようになりましたが、事務局はたいへん小さな組織で運営されています。

過剰なサービス、顧客扱いを期待する方にも不向きとだと思います。

 

第10期 分子栄養学実践講座の申し込みについて

2月11日(日)から第10期が始まります。

第一回は「プレ講座」になります。

 

【2月11日(日)プレ講座スケジュール】

午前10時~ 「糖質制限してもいい人とダメな人」宮澤先生

午前11時~ 「正しい摂取方法による分子栄養学的筋肉アップ・メソッド」金子雅希先生

午後1時~「こころと身体を立て直す がんばらない分子栄養学の実践マニュアル」馬篭純子

午後3時~  症例検討会

 

講師は宮澤先生、金子先生(スポーツ栄養学)の2大巨頭。

僭越ながら午後は私も講義します、さらにその後は症例検討会です。

この内容でたったの10,800円!!

※まずはどんな雰囲気かを知りたい方のために、プレ講座のみの受講が可能です。

その後の継続される場合は、プレ講座の代金を引いた分で決済となります。

こちら★から別途お問い合わせください。

 

何かご不明点があれば遠慮なく聞いてください。

第10期 分子栄養学実践講座(2018年2月〜2018年7月)のお申し込みはこちらからどうぞ。

↓ ↓ ↓

 

通学の困難な方には「分子栄養学実践講座・ウェブ版」

地方の方、通学の困難な方にはウェブ講座がご用意されております。

厳選された過去の講義、テキストがすべてご覧いただけます。

これは完成形での提供だそうです。

(10期の配信コンテンツは追加されません)

 

が、しかし!内容を見てビビりました。

この価格で放出していいのでしょうか??という内容と量です。

期間限定で20%オフ中みたいです。

↓ ↓ ↓

 

もし受講を迷われている方がいらっしゃいましたら、可能な限りお答えしますので、どうぞお気軽にお問合せください。

 

ご自身の身体と向き合いたい方、家族の健康管理をしたい方、分子栄養学に興味のある方などなど、ぜひご参加ください。

一緒に学ぶ仲間になりましょう。

すでに申し込みをされた方は、第10期の東京会場でお気軽にお声がけください。

お待ちしております!

 

現在募集中のセミナー情報


初心者の方にぜひ最初に受けてほしいのは「はじめての分子栄養学」です。参加者の声はこちら★とか、こちら★からご覧ください。

ご参加お待ちしております。
 
2月26日(月) 東京開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学 その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」

3月4日(日) 東京開催!【募集中!】 貧血は鉄欠乏だけじゃない!打倒貧血・実践栄養セミナー

3月12日(月) 東京開催!【募集中!】 栄養療法カウンセリングを大公開! まごめ先生の血液データ解析Live!

3月26日(月) 東京開催!【募集中!】 はじめての分子栄養学~その不調の原因は? 血液データから読み取る!「あなたに不足している栄養素」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA