【第14期 受講生募集中!】分子栄養学実践講座が激しくおススメな3つの理由

第14期分子栄養学実践講座!受講生募集中!

私の所属する一般社団臨床
分子栄養医学研究会が主催する
分子栄養学実践講座ですが、

第14期(2020年3月スタート)
受講生を募集開始しました。

詳しいスケジュールはこちらのリンク★
をご確認ください

 

この講座は医療関係者のみならず、
一般の方(患者)にも門戸を開放
している日本でも数少ない勉強会です。

栄養療法の一患者であった私が、
この講座に出会ったことで、
目からうろこ、文字通り
人生が変わりました。

「どういう感じですか?」とよく
聞かれるので、簡単にご紹介します。

分子栄養学実践講座のここがすごい!その1「ウェブ講座の充実が半端ない」

分子栄養学実践講座には通学版と
ウェブ版があります。

もともとウェブ版は、
講座に出席できなかった場合に、
講義を録画してウェブ配信して
いたものをオンライン学習者専用に
開放したものです。

このウェブ学習コンテンツがすごい!
のひとこと。

 

どうすごいのか??

とにかくコンテンツが滅茶苦茶豊富

わたくし、この勉強会に所属して
もう4年以上になりますが、
いまだかつてすべての動画講座を
制覇出来ていません。笑

 

まず、講座を申し込むと会員専用の
IDとPWが送られてきます。

専用のサイトにログインすると、
過去の講座がこのように見放題です。

 

私の好きな講座は、、

宮澤先生の講義全般、
小池先生の症例検討会Live、
溝口先生の低血糖症の特別講演、
久末先生のテストステロン講義、
古野先生のがん治療のプロトコル
でしょうか。

そして今期(第13期)の吉野先生の
顎関節症とさまざまな症例に関する
講義はまさしく神回でした。

私は普段からよく講義をつけっぱなし
にして、聞きながら家事をしています。

 

この動画が非常によく出来ていて、
毎回実際の授業を専門の業者に依頼、
動画作成のプロが録画して編集して
いますので、非常に見やすい。

 

このオンライン受講と一般(通学版)
との大きな違いは、講義の後に開催
される「症例検討会」です。

講義は午前10時から午後3時くらい
までで、その後3時から5時までが
症例検討会となります。

 

症例検討会では、小グループを作り
みなさんが持ち寄ったデータを元に
意見を交換、議論します。

患者側であればご自身のデータを
持ち込むことが可能です。

専門医、カウンセラーに
直接意見をいただくことが
可能なので大変貴重です。
もちろん私も参加します。

 

症例を実際に検討できる勉強会は
日本にもここだけ。

ウェブ版はウェブ版なりにお得感が
半端ないし、通学版は通学版なりに
メリットがありすぎて、
真剣に学びたいという方には
これ以上の講座はありません。

分子栄養学実践講座のここがすごい!その2「とにかく実践的である」

もともと分子栄養学実践講座の前身は
宮澤先生をはじめとする栄養療法の
ドクターたちによる小さな勉強会から
スタートしました。

「高濃度ビタミンC点滴」で検索しても
1個も検索でヒットしないような時代に、
なんとか良い情報を集めようと
ドクターら6名が集まりマンションの
1室で始めたのが実践講座の前身です。

 

「実践講座」の名前のとおり、
毎回ざまざまな分野の専門医や
治療家の方が講師となり、
各々の分野に沿った実践的な

内容の講義をしてくれます。

 

インターネットや本で調べて得られる
レベルの情報ではありませんから
これが滅茶苦茶勉強になります。

通い始めて2年以上になりますが、
この勉強会で配布されたメモだらけの
資料は私の財産です。

 

勘違いしてはいけないのですが、
血液データの読み方や栄養についての
基礎的な知識を一から教えてくれる
ところではありません。

それに関しては、ウェブ版を開くと
教本(PDF)が用意されてますので
そちらで自習しましょう。

基礎編、応用編、実践編の
3部作となっており、それぞれ
150ページぐらいです。

 

この教本がまた素晴らしいのです。

私は職業柄「分子栄養学をもっと
知りたいのですが、何か良い本を
紹介してください」
とよく聞かれます。

その答えが非常に難しい。

なぜか?

 

それは、この実践講座の教本が
素晴らしすぎて、市販の本を
ほとんど読んだことがないからです。

とにかく分かりやすく、
医療関係者でない人にも理解可能
な平易な言葉で、栄養療法に関する
知識がくまなく網羅されています。

 

さぞかし難しい教本かと思うかも
しれませんが、実際には
めちゃくちゃ分かりやすい。

実践編なんて症状の解説は漫画です。

 

初めて参加される初心者の方には
3月に3日間のスペシャル講義が
準備されています。

わたくしもこの3日間集中講座で
講義をします。

 

私自身、2016年年末までは
IT系の会社員でした。

ずぶの素人でしたが、特に難しいと
思うことなくここまで来れたのは、
勉強会に来ればいつでも教えてくれる
諸先生方に恵まれたためです。

 

栄養学に関心を持つ先生方は、
柔軟で人間的に魅力のある方が多く
お話をしていて非常に楽しいです。

そういった方々と出会えたことも、
実践講座で勉強したメリットでした。

分子栄養学実践講座のここがすごい!その3「栄養療法の仲間が出来る」

勉強会で「栄養」というキーワードで
つながる仲間に出会えたこと。
これはまぎれもない財産です。

分子栄養学を知っている人と
そうではない人とは何が違うのか?

それは俯瞰する力だと思います。

 

自分自身に関して、身体の生理反応と
感情の関係を熟知してますから、
無駄に振り回されることなく、
冷静に対応することが出来るよう
になります。

今までなすすべもなく振り回されていた
体調や感情が、自分のコントロール可能な
ものと捉えられたのは大きなメリットでした。

 

実践講座にお申込みをいただくと、
会員専用の秘密のFBページに入れる
ようになります。

いろいろな症例に対する疑問や
意見交換などは、そこですることが
可能です。

 

栄養療法の一患者であったころは、
ネットで集めた情報に振り回されて
ばかりでしたが、

今では同じ仲間がたくさんいますから、
治療に対して孤独になることなく
自分の体調に対峙することが出来る
ようになりました。

 

今まで何のことやら意味が
分からなかった健康診断や
人間ドッグのデータが

自身の食生活を映す鏡だと
知ることができるし、
家族の体調管理もできる
ようになりました。

分子栄養学を学ぶメリットは
計り知れません。
ご興味のある方はぜひ
お問い合わせください。

 

「第14期分子栄養学実践講座」申し込み方法について

本ページから第14期に

お申込みいただいた方には
まごめ特製「ゼロから始める
血液データの読み方」
(資料+動画講座
を無料でプレゼントします!

こちらのリンクよりお申込み
いただいた方は当サイトの
「お問合せ」からご連絡ください。

動画講座配信方法について
ご案内いたします。
申し込み詳細はこちらの
リンク先下部にあります
のでご参照ください(↓)

お申込みされた方はぜひ会場で
お声がけくださいね!

 

この記事が気に入ったら 「いいね !」 してくれるとうれしいです

Twitter で