意外に怖いぞマグネシウム不足!マグネシウムオイルで効率良く補給しよう

Sponsored Link

健康になりたいならマグネシウムは摂っておけ!

肩こり・不眠など、なぞの体調不良から一気に救われたので、私のマグネシウムへの信頼は厚い。

マグネシウムは、カルシウムとのバランスが重要で、カルシウム&マグネシウムを「ブラザーミネラル」とも言います。
機序の説明は省略しますが、簡単に言うと、カルシウムは動脈を収縮させて血圧を上げるミネラル、マグネシムはそれを緩めるミネラル。

マグネシウムは精神的なストレスで需要が増大するので、不足すると興奮状態になることが分かっており、精神的にカリカリしやすくなる。
頭痛、肩凝り、不眠、イライラなど、心も身体もカッチコチになるのがマグネシウム不足の症状です。

糖質制限やってる人は、チーズだのヨーグルトだの、高Ca食品が多くなるのでバランスが崩れやすい。要注意ですね。

おもしろいところでは、エストロゲンをメチル化して無害化するのにも必要らしく乳がん予防にもキーファクター。

あと、妊婦のマグネシウム不足は、そのまま胎児の体質に引き継がれる(1,2)らしく、妊婦には葉酸と合わせてマグネシウムも推奨したほうが良いんでないの?と思ったり。

マグネシウムのおすすめ摂取方法

食べ物で一押しなのは「あおさ」なんだが、残念ながら我が夫があまり好きではなため、食卓に乗る頻度が少ない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あおさ 30g[アオサ(乾物)]
価格:675円(税込、送料別) (2016/11/10時点)

一番手軽で継続常用しているのが「にがり

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あらなみの本にがり100ml[にがり]
価格:315円(税込、送料別) (2016/11/10時点)

会社のデスクに置いておき、白湯を飲む際に1滴、2滴をカップに落とす。
入れ過ぎると、硬度が増し過ぎてコントレックス以上の飲みにくさが増すが、慣れてしまえばなんてことない。お手軽。

しかし欠点もあり。にがりはアルカリなのだ。
ついつい濃い目にして飲んでいたら、胃酸と反応してゲップが出るようになってしまった!

大切な胃酸をアルカリで中和してしまっては、栄養吸収に障害が出るばかりか、SIBOにもなりかねない。

にがりとアオサは以前にもご紹介したとおりですが、最近取り入れてヒットしたのがマグネシウムオイル。

マグネシウムは経皮吸収が効率が良し

海外だと普通に売ってるマグネシウムオイル


塗布直後は多少ヌルつきますが、すぐ乾くので気にならない。
ふくらはぎや腰にプシュプシュして寝ます。ぐっすり眠れて爽快です。
slooProImg_20161109102942.jpgLife Flo Health, ピュア マグネシウム オイル, 8 oz (237 ml)

4回の噴射でマグネシウムが66mg、吸収率100%とまではいかなくても、経口摂取より効率が良いので継続中。

同じシリーズのロールオンタイプがなかなか優れており、気に入って2本目をリピート中

成分ですが、

・純水
・塩化マグネシウム水
・ポリソルベート20(ココナッツオイル由来の非イオン性界面活性剤)
・ラベンダーオイル、ペパーミント、ローマンカモンマイル
・キサタンガム(食品添加物・増粘剤)

塩化マグネシウム水(にがり)にアロマオイル足して乳化させただけなので、手作り出来そうですな。

これ、口紅サイズでポーチに入ります。

ロールオンタイプなので、外出先で首筋や肩にぬりぬり。
首の後ろのツボをグリグリ押しながら塗るとかなり気持ち良いです。

slooProImg_20161109102940.jpgLife Flo Health, Migrazap Magnesium Roll-On, 7 ml

1ヵ月で1本消費しました。
1本あたりに含まれるマグネシウムは800mgとのことで、1日あたり26mg程度ですが、排泄されやすいミネラルは毎日チマチマ補給することが大切なので活用しております。

入浴しながらマグネシウム補給

Life-flo社はマグネシウム製品が得意のメーカー。
これはフレーク状の入浴剤、海から取れた塩化マグネシウムの結晶

slooProImg_20161109114516.jpgLife Flo Health, ピュア・マグネシウム・フレーク, 塩化マグネシウムブライン, 2.75ポンド (44オンス)

1.61キログラムで¥1,619
エプソムソルトは10kgで¥3500ですから、たくさん消費するならエプソムソルトのほうがお得ですね

エプソムソルトは硫酸マグネシウムですが、Life-flo社のは塩化マグネシウムです

どちらが経皮吸収に良いのかしらべましたが、どうも大した違いは無いらしい。
マグネシウムの塩酸塩か硫酸塩かの違いだけですし、水に溶かせばイオン化して同じですからね。

ストレスにはマグネシウムで脱緊張!

海に入ると身体がぐったりして良く眠れる。運動量や冷えが原因のこともあるだろうが、あのプールとは違った身体の感触はマグネシウムを経皮吸収しているためでは?と思ったり。

タラソテラビーに行くと、なんとも良い感じで身体が緩むし、睡眠の深さ、リラックス具合が半端ない。

ミトコンドリアの活性化にもマグネシウムが重要なため、慢性疲労にもマグネシウムが効く。
ビタミンCと一緒で、ストレス社会には必須の栄養素だ。

地味に体調を底上げしてくれるので、入浴剤やら飲料水でチマチマ補給しておくこと推奨です。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする